2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月5日 | トップページ | 2012年11月7日 »

2012年11月 6日 (火)

JR東日本「スマート電池くん」を実用化

JR東日本のプレスリリースによると、烏山線で試験走行を行っていた蓄電池駆動電車システム「スマート電池くん」の実用化を決め、2014年春ごろに営業運転を始めるそうです。

プレスリリースによれば、まずは2両1編成を先行導入するそうで、電化区間は普通に電車として走り、非電化区間の烏山線では充電した電気で走行するというもの。
また、烏山駅には既に試験走行の際に整備されている充電設備での充電も行われ、それによって走行する電気を賄うというもの。

車両自体はステンレス製の3ドア車で、側面を見る感じでは名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)の車両の前面を変えたような感じのイラストが載っているけれど、肝心の蓄電池がどこに積まれているかが良く分からない絵になっていたり…。
ひょっとすると座席の下に分散収納するとか、床上にトイレもどきのような機器室を設けるのかがちょっと見えないところ。

新車が導入されたら乗りに行くのはほぼ間違いないとは思うけれど、これが電化区間との直通運転のある非電化区間の新しい切り札になるのは間違いないと見ています。
非電化区間に電車が直通できることのメリットはいろいろあるだけに。

« 2012年11月5日 | トップページ | 2012年11月7日 »