2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 飛行可能なゼロ戦が所沢で展示される | トップページ | 関西方面遠征 2日目 »

2012年11月29日 (木)

関西方面遠征 1日目

2泊3日の遠征の一日目。
今日は『のぞみ』号で京都に向かい、そのあと大津市内がモデルとされる『中二病でも恋がしたい!』の舞台探訪(聖地巡礼)が目的。
最初は京都に泊まる予定でいろいろ調べていたのだけど、紅葉シーズンのピークという時期もありどこも価格設定が強気すぎて驚いてしまう。
北陸地方がルーツの某チェーンホテルなんか、シングルのルームチャージで2万円と出てきてびっくり…。
それなら、大阪とは思いつつも、『ちはやふる』のラッピングトレインもあるので、大津で調べると浜大津駅の近くにそこそこ安めの宿を見つけたので、そこで1泊することに。

ということで、京都駅を経由して石山駅へ。
T101
アニメ『中二病でも恋がしたい!』のシーンそのまんまの風景がそこにあります。
右側の本屋さんには特設コーナーができていたり…。

T102
改札側から広場を見てみる。
こちらもアニメのシーンとして出てくるところ。

ここで、舞台探訪コミュニティでつながりのあるメンバーと合流して舞台探訪に行く。
T103
まずその前に石山駅を発車する『ちはやふる』のラッピング電車を撮影。

T104
作中に出てきた東海道本線の鉄橋。
ここでも探訪コミュニティのメンバーと偶然出会ったり…。

T105
その近くにあった看板。
未だに『鉄道公安室長』と書いてあるのが驚き。
鉄道公安室なんて20年以上前に無くなったのに…。

そのあと作中に出てきた公園と神社へ。
T106
誰かが作中の魔方陣を勝手に書いてしまったようです。
こういうのはちょっとなぁ…。

T107
作中に出てきた公園。
なかなかいい描写に驚く。

T108
作中に出てきた神社へ行ってみる。

T109
神社の境内の様子。
小さいながらも地域の人達が大事にしている感じ。

T110
既にアニメに出てきた神社のお約束となりつつあるような交流ノートが…。
中に書いてある内容によれば、きちんと宮司さんの許可を得たとのことです。

T111
再び石山駅に戻り、跨線橋からアニメのワンカットを撮影。
あえて、滋賀らしさを出すために平和堂の看板を入れてみたり…。

T112
作中では学校の最寄駅という設定になっている穴太駅へ。
こちらもかなり良く描かれていて驚いたり…。

T113
こちらでも『ちはやふる』のラッピング電車を撮ってみる。

T114
こちらもアニメのワンシーンで六花が中二病全開だったような…。

T115
そのあと浜大津に戻り、大津港に停泊中のミシガンを撮ってみる。
色々とRAW編集できれいに夜景になっているかと…。

全般的にアニメの世界がリアルに描けていて驚くようなシーンがいくつもあり、また機会があればまとめて再探訪かなと…。
次は違う季節になるかもしれないけれど。

« 飛行可能なゼロ戦が所沢で展示される | トップページ | 関西方面遠征 2日目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/56232491

この記事へのトラックバック一覧です: 関西方面遠征 1日目:

« 飛行可能なゼロ戦が所沢で展示される | トップページ | 関西方面遠征 2日目 »