2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 全日空の『2020オリンピック・パラリンピック東京招致ラッピング機』を撮る | トップページ | 3Dプリンタの可能性 »

2012年11月24日 (土)

P.A.WORKSの新作アニメ『RDG』

アニメの舞台を巡る趣味の知り合いから、P.A.WORKSが制作する新作アニメの舞台が奈良の山奥と聞いたのでちょっと調べてみた。

その作品は、RDG(レッドデータガール)という作品で、角川書店から原作が文庫本で出ている作品の様子。
作品の紹介を見ると、熊野古道の奥のほうにある神社が舞台ということで、調べてみると出てきたのが奈良県は十津川村の玉置神社というところ。
十津川村の中心部から南に行った十津川温泉からさらに山の上のほうへ入っていくというかなりすごい場所。
公共交通機関で行くとなると、大和八木駅・五條バスセンター・新宮駅からの奈良交通の八木新宮特急バスか、五條バスセンターから出ている広域通院ラインくらいしか交通機関がないはずで、その奥にある神社にはヒッチハイクしかないのかなと思ったら、奈良交通の168プレミアム乗車券のホームページに『168プレミアム乗車券は、玉置神社行きのバスにはご利用できません』との記載があって、それを元に調べてみると十津川村の観光協会のホームページに十津川温泉から予約制のバスが1往復しているという記載を発見。
時間設定を見ると、十津川温泉に一泊して、新宮行きの八木新宮特急バスに乗るまでの間に行って帰ってこれるような時間設定になっているので公共交通機関で行くとなればこれ一択になるのかなと…。

制作が、『true tears』『花咲くいろは』『TARI TARI』などでもきっちりと背景を美しく描くことで定評があるところだけに、現地に行ってみると本当にリアルな風景が広がっていそうな気がする。

機会があれば、現地を訪問してみたいところ。
八木新宮線の特急バスにも乗りたいし、聞いた話だと小型バスの日野ポンチョが長距離を走るという広域通院ラインも興味深いし…。

« 全日空の『2020オリンピック・パラリンピック東京招致ラッピング機』を撮る | トップページ | 3Dプリンタの可能性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/56180091

この記事へのトラックバック一覧です: P.A.WORKSの新作アニメ『RDG』:

« 全日空の『2020オリンピック・パラリンピック東京招致ラッピング機』を撮る | トップページ | 3Dプリンタの可能性 »