2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« グレイスモデルの函館市電8000形 | トップページ | ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部』 »

2012年11月18日 (日)

一畑電車の車両代替計画

山陰中央新聞の報道によると、一畑電車の車両代替計画について一畑電車沿線地域対策協議会にて承認されたとのことです。

Webで確認できる部分についてのみ引用します。
<引用ここから>
島根県、松江市、出雲市でつくる一畑電車沿線地域対策協議会(沿対協)の臨時総会が16日、松江市内で開かれ、車両更新計画の見直し案を承認した。東急電鉄からの中古車両や1両編成の新型車両の導入で、現行の10編成20両体制から、11編成18両体制に再編する。大社線の増便などで観光客らの利便性を高める。
<引用ここまで>

今時、1両で走れる中古の車両というのは殆どないし、新造車になるのはなんとなくわかるけれど、2両編成については東急の中古車が入るというのはちょっと意外でした。

恐らくは、副都心線との直通運転化によって日比谷線への乗り入れが廃止されることで浮く1000系を2両編成に改造して回してくるのかなとも思えたりします。
既に、中間車を先頭車に改造したものが伊賀鉄道でも走っていますし…。

色々とリバイバルカラーの車両を走らせているから、そろそろ代替があるのかとは思っていたけれど、まさか東急の中古車両がやってくるとは意外な気も。
新たにやってくる車輌が何なのかがこれからの注目点になってくるのではないかと思えたり。

« グレイスモデルの函館市電8000形 | トップページ | ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/56138803

この記事へのトラックバック一覧です: 一畑電車の車両代替計画:

« グレイスモデルの函館市電8000形 | トップページ | ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部』 »