2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『再生JALの心意気』という記事 | トップページ | Railway Graphic D.E.F. 写真展 鉄道風土記 春夏秋冬を見に行ってきた »

2012年11月21日 (水)

カンデオホテルズ 千葉に進出

千葉日報の報道によると、都内などでホテルを運営しているカンデオホテルズが千葉に進出してくることが決定したとのこと。

進出してくる場所は、千葉ポートスクエアの中のホテル棟。
かれこれホテルが進出してくるのはこれが4件目だったはず…。
一番最初は京浜急行系のホテルパシフィック千葉で、最初のうちは羽田空港のリムジンバスの始発・終着であったけれど、5年ほどで撤退。
そのあと、ウィシュトンホテル千葉になって、東横イン千葉ポートスクエアになったものの、これもまた5年で撤退。
そのあと、ホテルグリーンタワーになるものの、東日本大震災後の外国人観光客激減で8年で撤退といろいろと良くないことが続いている場所であったり…。
なんといっても、最寄駅から歩いて10分は掛かる場所でビジネスホテルが成り立つのかという疑問もあるわけで…。
実際に、ここから撤退した東横インは駅から近いところに別の土地を見つけて、そこへ再進出しているし…。

隣の商業施設も営業しているのはホビーショップタムタムだけのはずだし、この施設自体かなりすごい状態になっているのは否定できないし…。
2階の入口から入るとまず目に入るのは、空き店舗(確か『トイザらス』の跡)だったりするし、1階の入口から入ると閉店したスーパーマーケットの跡が目に付くだけでなく、店の看板に『閉店しました』と貼り紙が貼られてるという衝撃的すぎる展開まであったりする。

このホテル自体どうなってしまうのか、隣の商業施設もどうなってしまうのか非常に気になるのでしばらく様子を見続けるつもり…。

« 『再生JALの心意気』という記事 | トップページ | Railway Graphic D.E.F. 写真展 鉄道風土記 春夏秋冬を見に行ってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/56162978

この記事へのトラックバック一覧です: カンデオホテルズ 千葉に進出:

« 『再生JALの心意気』という記事 | トップページ | Railway Graphic D.E.F. 写真展 鉄道風土記 春夏秋冬を見に行ってきた »