2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月24日 | トップページ | 2013年1月26日 »

2013年1月25日 (金)

路線バス事業は市場原理を超えている…。

日本経済新聞の地域ニュース中国版に興味深い記事が載っていたので紹介します。
以下に引用いたします。
<引用ここから>
福山商工会議所(広島県福山市)の林克士会頭は24日の記者会見で、全国で8割が赤字とされる地方の路線バス事業について、「事業者間の競争は成り立たず、もはや市場原理を超えている」と述べた。今後も路線を維持するには、「事業者と国、県、地元自治体に利用者である住民を加えて議論する必要がある」との見方を示した。

 林会頭は同市で路線バスを運行する鞆鉄道(同)の会長。同市では昨年10月、岡山県笠岡市などと路線バスを運行する井笠鉄道が経営破綻し、9月末まで中国バス(同)による暫定運行が続く。福山市は6月末までに10月以降の運行形態を詰める意向だが、具体策は見えていない。

  林会頭は「バス事業者への補助金は赤字を埋めるだけで経営の助けにはならない」と指摘。過疎地の足を守るのか、高齢者の都心部への移住を促すのかなど「新たな角度から、公共交通に対する基本姿勢を変更する時期に来ている」と国や県、地元自治体の大胆な路線変更の必要性を訴えた。
<引用ここまで>

中国地方のバスの問題としては、昨年井笠鉄道が経営破綻していろいろと問題になっているのは記事に書かれている通りで、バス愛好家がまとめた同人誌『追憶の井笠鉄道バス』は個人的には同人誌のレベルを超えている凄い本だと思っています。
まだ、全部読み切っていないので今回はこの程度しか触れませんが…。

鞆鉄道自体も、かつて労使関係が悪化して720時間ストライキなんて言うこともあったはずだし、果たして公共交通を私企業の経営努力だけで維持していけるのかというのは個人的にも思っているところ。

バス会社の中には、1日乗り放題のフリー切符を設定して、潜在需要の呼び起こしに成功しているような事業者もあるし、バスの乗り方についてのチラシや時刻表を配って新しい需要を呼び起こして実際に数字が伸びている事業者もあったりします。

中には、自社バスと並行して走っている市営バスには一般会計からの繰入金があることを批判するスローガンを書いている事業者もあったりしますが、そこにはもう1社別の事業者があるのだけど、そちらはそういうスローガンを掲げていないのはちょっと気になるところだったり…。

公共交通のあり方というのは、既に地方行政でどうにかできるレベルを超えてきているところがあるとは思っているので、どこかで国策として何らかの形をださないと大変なことになってしまいそうな予感がしたり…。

« 2013年1月24日 | トップページ | 2013年1月26日 »