2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« EF65535 東芝へ | トップページ | バスラマインターナショナル 136号 »

2013年3月 6日 (水)

ホームドアの新しい形態

西武鉄道と東急電鉄から新たなるホームドアの形態に関するプレスリリースが出ている。

西武鉄道からのプレスリリースはこちら
東急電鉄からのプレスリリースはこちら

西武鉄道は、新所沢駅で今年の6月から実施されるそうです。
今までのホームドアとは違い、ホームドアが引き込まれる戸袋部分が移動するという形になっていて、3ドアの車両と4ドアの車両が混在するようなところでもホームドアが使えるようになるというもので、東京大学と神戸製鋼所が共同開発したものだそうです。

東急電鉄は、つきみ野駅で今年の夏ごろから実施されるそうです。
こちらは、日本信号と東急電鉄が開発した昇降スクリーン式というモノで、ホームに10メートル間隔で柱を立て、その間にワイヤーロープを通し、列車の発着に合わせてワイヤーロープが上下するというもの。

今までのホームドアだと、ドアの整備だけでなく車両の整備も必要になり、最悪の場合乗り入れ対象車両をすべて入れ替えなければならない事態にもなっていただけに、これらが実用化されるとホームドアの普及も進むのかなと思っていたり…。

« EF65535 東芝へ | トップページ | バスラマインターナショナル 136号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/56894560

この記事へのトラックバック一覧です: ホームドアの新しい形態:

« EF65535 東芝へ | トップページ | バスラマインターナショナル 136号 »