2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京スカイツリー 移行送信テスト 続編 | トップページ | プラッツ 1/144 MV-22オスプレイ »

2013年4月 5日 (金)

イカロス出版 国鉄自動車部57年の軌跡 回収

月刊エアライン等で予告が出ていた『国鉄自動車部57年の軌跡』という本がある。
先月末に発売になったのだが、ネットでの書籍販売サイトではかなり酷評されていたりする。

個人的には、本当に信頼できる書き手の本でなければネット通販は使わないので、ネット上での酷評が事実なのかどうかを確かめてから書店で購入。

ぱらぱらとめくっているだけでも、明らかにおかしなところがいくつかあって、どう見ても型式と写真があっていないところがかなり多く、ネット上で調べると『正しいところを探そうと思ってる』なんていう衝撃的すぎる発言を見つけたり…。
一体何がどうなって、こんな本になっちゃったのかが謎すぎるところだったりします。

イカロス出版からお詫びのお知らせが出ていて、着払いで返金するとのことだけど、このお知らせが出ているのにもかかわらず、昨日の時点で書店の平台に置かれているのを確認しているだけに、果たしてどういう対応になっているのかが気になるところ。
本来ならば取次に連絡して、売り場から引っ込めてもらうのが正しい対応になるような気もするけれど…。

自分自身も返品するかどうかまだ決めていなかったり。

« 東京スカイツリー 移行送信テスト 続編 | トップページ | プラッツ 1/144 MV-22オスプレイ »

コメント

発売中の月刊サイゾーに、ここ最近の回収本騒動に関する記事が掲載されてました。案外事情は似てるのかも知れません。
ちなみに回収本の代表例として、絶版になった『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』(アスキー・メディアワークス)があったので、笑わせてもらいました。

> M13号さん

ご紹介いただいた本をチェックしましたが、その中ではアイドルマスターについての本と同じような事象ですね。
回収本の代表例のその本は、確かほぼパクリというのが出版後に判明したケースではなかったかと…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/57109669

この記事へのトラックバック一覧です: イカロス出版 国鉄自動車部57年の軌跡 回収:

« 東京スカイツリー 移行送信テスト 続編 | トップページ | プラッツ 1/144 MV-22オスプレイ »