2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 貸切バスへの新規参入 規制強化へ | トップページ | イカロス出版 国鉄自動車部57年の軌跡 回収 »

2013年4月 4日 (木)

東京スカイツリー 移行送信テスト 続編

3月28日のブログで話題にしたスカイツリーからの送信テスト。
地上波全局チェックしたら、放送大学とTOKYO MXが映らないという事象が発覚したので、データ放送で告知されているコールセンターへ連絡して、担当の業者さんに来ていただいて対応してもらいました。

担当の業者さんが持ってきたのは、黒くてチャンネルとレベルを表示できるものと、そこそこ大き目のスペクトルアナライザを使って受信レベルのチェックをしていただきました。

そして、屋根の上にあるブースターの調整をしてもらいました。
どうやら、スカイツリーからの電波が強すぎることでブースターでの増幅が予想以上にかかってしまったらしく、それで放送大学とTOKYO MXが映らなくなってしまったらしい。

業者さんが乗ってきたクルマを見ると宮城ナンバーで、作業服に書かれていた社名で調べると仙台の業者さん。
どうやら、このスカイツリー移行のために全国のテレビ工事専門業者に動員をかけているらしい…。

そして、今夜の受信テストでみると今度はちゃんと放送大学とTOKYO MXが映っていてこれで安心できる状態になりました。

もし同じ事象に遭遇した人は、こういう形で対応を頼むと無料でやってもらえるので、積極的に活用してみる価値はあるはず…。

« 貸切バスへの新規参入 規制強化へ | トップページ | イカロス出版 国鉄自動車部57年の軌跡 回収 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー 移行送信テスト 続編:

« 貸切バスへの新規参入 規制強化へ | トップページ | イカロス出版 国鉄自動車部57年の軌跡 回収 »