2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 飛騨高山遠征 2日目 | トップページ | 鎌倉の海水浴場でネーミングライツ »

2013年4月16日 (火)

飛騨高山遠征 3日目

飛騨高山遠征も最終日。
1日目・2日目はお祭りを主体に楽しんでいたので舞台探訪は殆どしていなかったので、今日は帰りの特急に乗るまでの間にあちこち舞台を回ってみようかと…。

まずは朝イチに高山駅前のバスターミナルで写真撮影。
T301
白川郷行きの特急バス。
前に乗った時は貸切バスタイプのクルマだったのだけど、今日は路線バスタイプの車両。
距離とかからしてもこれで充分なのかなと…。
これが2号車として入っていたけれど、1号車は貸切バスのエアロクイーンIIだったり…。

そして、今回撮ろうと思っていた『氷菓』のラッピングバスを左右押さえてみる。
T302
左側の側面。
窓には中からは外が見える特殊なフィルムが使われています。

T303
右側の側面。

アニメ作品のラッピングバスはいくつもあったけれど、こういう形というのは珍しいかも。
ベースが日野ポンチョという小型車というのもあるけれど。

このあとレンタサイクルを借りて市内をぶらぶらと…。
T304
『氷菓』の神山高校のモデルになったとされる斐太高校。
作者の米沢穂信先生が卒業した高校でもあります。

T305
古典部のメンバー4人が並んでいるシーンとよく似たカットを撮ってみる。
桜がきれいで非常にいい感じ。

T306
そのシーンで主人公たちが見ていたであろう景色も合わせて出してみる。

T307
入須先輩の家が経営している病院のモデルになった建物。
元々はJA系の病院で昨年に移転し、現在では空き家。
地方都市でJA厚生連系の病院の移転先というと畑か田んぼのど真ん中しか想像できないのだけど…。

T308
オープニングの中で、古典部の通学シーンに出てくるところ。

T309
高山市立図書館。
ここも作中に出てきます。
中に高山市文学館があり、そこの図書閲覧コーナーにちゃんと『遠回りする雛』があるのも確認できたり…。

T310
『氷菓』のタイトルに出てくる宮川。
ここも良く描かれています。

ぶらぶらしていると、ちょうど『氷菓』のラッピングバスが近くを通る時間。
T311
桜の木と絡めてちょっと遊んでみました。
ほんのちょっとだけタイミングが遅ければよかったかなと思いつつも、古典部メンバーの姿がちゃんと写っているのでこれでいかなと…。

T312
交差点を右折するところを後方から。
ある意味大胆なラッピングなのが分かるかも…。

このあと、『氷菓』の第2話に出てきた喫茶店『パイナップルサンド』のモデルになった『バグパイプ』さんへ。
T313
外観も作品そのもの…。
そして店内の様子も非常によくまとめられている感じ。

T314
そして、2話でえるが頼んでいたものと同じウインナーココアを頼んでみる。
お店の雰囲気も非常によく、のんびりできるお店でした。
また日を改めて高山へ訪問してみたいと思ったり。

今回の旅はいろいろと実りのある旅でした。
この後でまた『氷菓』とか、同じく高山氏が舞台のアニメ『星空へ架かる橋』などを見て、さりげなく舞台を通り過ぎたところをチェックしていないという事実にいづれ気付きそうだけど、それはまた次の楽しみにしておこうかと…。

« 飛騨高山遠征 2日目 | トップページ | 鎌倉の海水浴場でネーミングライツ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/57206960

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山遠征 3日目:

« 飛騨高山遠征 2日目 | トップページ | 鎌倉の海水浴場でネーミングライツ »