2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『カレチ』最終章 連載開始 | トップページ | 南部縦貫鉄道のレールバス 町が購入 »

2013年6月 7日 (金)

沖縄県調査の鉄軌道ルートが公表される

沖縄タイムスに沖縄本島への鉄軌道導入へ向けて、沖縄県が調査したルートについての記事が載っていた。

地図を見る限りでは、基本ルートは那覇空港から那覇軍港の横を通って、国際通りから国道330号線へ入って、具志川・石川を目指した後で、西海岸に移って名護を結ぶというのが一番の候補になっているようだ。
他の案でも、那覇空港から普天間基地の南側にかけてのあたりでルートを変えているだけのようにも見えたりします。

ルート決定から、建設着手まで10~15年、そこから完成まで10年となるとかなり壮大な構想であるような気もする。

幹線鉄道の構想自体は、リニアモーター方式の鉄道車輌(都営地下鉄大江戸線とか、大阪市営地下鉄の今里筋線・長堀鶴見緑地線)を想定しているようにも思えたりします。
さらに、主要駅から市内にLRTを導入なんて言う検討もあるようです。

果たしてどんな展開になるのか非常に気になるところです。
バス会社との利害関係等、色々と大変なことになりそうな気もするし。

« 『カレチ』最終章 連載開始 | トップページ | 南部縦貫鉄道のレールバス 町が購入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/57544007

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県調査の鉄軌道ルートが公表される:

« 『カレチ』最終章 連載開始 | トップページ | 南部縦貫鉄道のレールバス 町が購入 »