2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 超長距離応援バスツアー | トップページ | 地域限定のミルキー »

2013年6月16日 (日)

宮城交通カラーの成田空港交通

昨日、成田空港に写真を撮りに行き、そのあと都内で用事があるため、成田空港から東京駅まで平和交通のアクセス成田で行こうと思ってバス停で待っていたら、予想外のクルマがやってきて撮影してきました。

Nat601a
この日は、成田空港から土気・鎌取へ行く便に入っていたけれど、どう見ても宮城交通の色そのまんま…。
宮城交通の所属表記も残ったままというのがかなり気になるところ。
Nat601b
後ろから見ると、東北道を走る高速バスや長距離トラックの定番ともいえる『ペースカー』の表記もそのまんま。

一体何があったのかと宮城交通と成田空港交通の共同運行になっている『ポーラスター号』のページを見てみると、当面の間、成田空港交通のみの運行と書かれているので、恐らく宮城交通側で乗務員が不足していて、その分を成田空港交通が肩代わりしている模様。
同じような車両が羽後交通や近鉄バスにもいるなんて言う話もあるし…。

いつまでこの体制が続くかはわからないけれど、結構貴重な記録になったかも。

« 超長距離応援バスツアー | トップページ | 地域限定のミルキー »

コメント

いつも拝見しております。

宮城交通は仙台市営バスの運行受託をしており、その受託規模を50%まで拡大するとしています。

すでにJRバス東北も受託していますが、宮城交通は実沢営業所と岡田出張所(震災による津波で業務停止)でしたが、岡田から新寺出張所へ変更になったのと、その他に霞の目営業所と東仙台営業所を受託する予定で、乗務員が不足していると思われます。

>まころんさん
ありがとうございます。
震災絡みの鉄道代替輸送に人が取られているのかと思ったら、そういう理由ではないようですね。

はじめまして。

はじめてこの車両の画像見せていただき…かなりビックリでした。

理由は先述のとおりで…。近鉄バスにはPJエアロクイーン、羽後交通にはエアロバスが入ってまして…。
羽後交通の方は本来ならば宮城交通担当の仙台発酒田,本荘行き(仙台発朝,本荘発最終)に入ってますね。
近鉄がなかなか神出鬼没でして…エアロキング担当日の逆ヤマのようなんですが、近鉄はセレガHDもそこそこ持っているため…私も撮れるまでに数回ハズしてます。

それにしても鎌取行きとはまたまた驚きですね。

ただこのエアロバス、本来ならばポーラスター…なんでしょうが…どうやらつい先日、和歌山に行ったらしいそうで。。このカラーが横浜?と思うとますますビックリです。

ちなみにこのクルマも私は既に数回ハズし、未だに撮れない課題のバスなんですよね…。

> POMさん
和歌山に行ったとなると、3列車と共通の運用になっている可能性が高そうですね。
成田空港交通の3列車は和歌山と仙台だけのはずなので…。
千葉~松本は確か4列のはずなので。

羽後交通のクルマが本荘に所属になっていれば、一番捕まえやすいのでしょうが、近鉄のほうは3列車で共通になっちゃってるのかもしれません。
ということは恐らくとんでもない場所に行っている可能性がありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城交通カラーの成田空港交通:

« 超長距離応援バスツアー | トップページ | 地域限定のミルキー »