2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年8月7日 | トップページ | 2013年8月9日 »

2013年8月 8日 (木)

飛行機内の電子機器類の使用規制が緩和されるかも?

月刊エアラインの最新号に、飛行機機内での電子機器類の使用についての規制が緩くなるかもという話が出ていました。

現状、常に電波を発信する状態にあるものはドアが閉まっている間は使用不可、電波を発信しない状態にあるモノについては、出発時にドアが閉まってから使用可能のアナウンスがあるまで使用不可、着陸時には使用不可のアナウンスがあってから、ドアが開くまでは使用不可というルールになっています。

ごくたまに、このルールを無視してiPodとかで写真撮ってる人を見たりするけれど、さすがに注意もできないし…。

航空会社によって使用不可・使用可能のアナウンスが入るタイミングが微妙に違う気がしています。
感覚的なものではあるけれど、ジェットスターは他社に比べると使用可能のアナウンスが遅く、使用不可のアナウンスが早い気がしてならないけれど、実際にそうなのかはもう一度調べてみたい気がします。

これから検討されている規制緩和では、どうやら3つに分けられるらしい。
1.現状通り、ドアの開閉とアナウンスで判断する
2.高カテゴリーの自動着陸など、機長の指示で使用を中止する。
3.電波を発信しない状態にあるものは機内でも常に使える。

どうやら現状では、2.に当てはまるものが殆どになるとか…。
ただし、携帯電話についての規制については議論がまだ続いてはいるけれど、許可されない方向で動いている模様。

離着陸のときに写真が撮りたいという理由だけれで、写ルンですを買ったり、フィルムカメラを持ち込む人もいると聞くけれど、このあたりも変わっていく気がします。

規制緩和がどのような結果になるのか気になるところです。

« 2013年8月7日 | トップページ | 2013年8月9日 »