2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本鉄道保存協会総会 2013 1日目 | トップページ | エアアジア・ジャパン 運航終了… »

2013年10月25日 (金)

日本鉄道保存協会総会 2013 2日目

日本鉄道保存協会の総会も2日目。

朝はホテルメトロポリタン高崎へ集まって、タクシーで高崎車両センター高崎支所へ。
車両センターの中で、D51498とC6120とEF551の見学でしたが、すべて屋内に止まっている状態の見学だったので、今回上手く撮れたのはこのくらい。
R201
下からC6120のキャブを狙ってみました。
ATS-PやATS-Psの機材はこんな場所についていたのですね…。
D51498がスノープローを外してる状態なんて言うのもたまたま見ることができて、その後ろにATS-Pの車上子があったのにはちょっと驚きだったり。
言われてみれば、スノープローを外したD51498の走行シーンって最近見ていない気もしますし。

この後は上信電鉄の本社へ。
R202_3
本社の2階の廊下から撮影した車庫の様子。

R203_4
上信電鉄のデキへの試乗会がありました。
中は運転するための最低限のスペースがあるだけで、結構な人数が載ってもゆったりした感じでした。

R204_2
デキが発車した後に隣に止まっている編成を撮ってみる。

R205
古レールがあるとついつい陽刻を撮ってしまう。
1887年のカーネギー製の古レールでした。
上信電鉄はあちこちに古レールがあるので、これの調査もじっくりとやってみたいところ。
気付いたら全線全駅乗降達成なんてなっていそうだけど。

この後またホテルメトロポリタン高崎に戻って昼食会と参加者専用の即売会。
中古で放出された鉄道時計が完全に動く品物でもかなり安かったので、ついつい買ってしまう。
腕時計があるから懐中時計は持たないとは言いつつも、鉄道時計の精度はかなり高いので持っていても損はないし。

このあと、電車で碓氷峠鉄道文化むらへ。
R206
過去に何回も行っているはずだけれど、じっくりトラックレールのエントリー部分を観察してきました。
ラックレールの下にバネが仕掛けてあり、もしかみ合わせがあまり良くない場合はそこで上手に追随させているのだとか。

R207
さっきのエントリー部分よりもちょっと奥へ進んだところ。
ココでもまだバネが少しかかっています。

R208
この後資料館の中へ。
電車でGO!の初代から、電車でGO!2、電車でGO!2 3000番台、電車でGO!3と4台並んでいるのは驚かされるところ。
今でも現役なのがうれしい限り。

今でも現役の電車でGO!シリーズの筐体ってどのくらいあるのだろうか…。
成田空港の第2ターミナルに1台あるのは確認しているけれど。

R209
翌日の運転に向けて準備中のEF63を撮ってみる。

R210
敷地の境界のフェンスにいる野生の猿。
ある程度の距離を置いて撮っているのでもちろん安全な状態です。

今回もなかなか濃い総会でした。
また来年も参加できればいいなと思っています。

« 日本鉄道保存協会総会 2013 1日目 | トップページ | エアアジア・ジャパン 運航終了… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/58458022

この記事へのトラックバック一覧です: 日本鉄道保存協会総会 2013 2日目:

« 日本鉄道保存協会総会 2013 1日目 | トップページ | エアアジア・ジャパン 運航終了… »