2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月7日 | トップページ | 2013年11月9日 »

2013年11月 8日 (金)

岩泉線廃止で合意...。

岩手日報のニュースに、岩泉線の廃止についてのニュースが載っていた。
以下に引用します。
<引用ここから>
 2010年7月の脱線事故以来、運休が続くJR岩泉線について、JR東日本、県、宮古市、岩泉町の4者は7日、廃線とすることで合意した。JRは8日、国土交通省に廃止届を提出し、来年3月末で廃線となる。全線開業から40年余り、地域の利便を支え、鉄道ファンに愛された「秘境線」が姿を消す。県は並行する国道340号の難所・押角峠を回避するため、鉄道の押角トンネル(2987メートル)の道路化に来年度着手する。総事業費は約70億円と見込まれる。うちJRが20億円を上限に負担する。
 千葉茂樹副知事、山本正徳宮古市長、伊達勝身岩泉町長、JR東日本の高橋真取締役総合企画本部経営企画部長が7日、県庁で岩泉線廃線に関する覚書を締結した。両市町長は「苦渋の決断だ」などとコメントを出した。
 県、JR盛岡支社によると、4月1日から運行する代替バスについて▽JRが費用面を含め運行確保に責任を持つ▽地元バス事業者(東日本交通)が行う▽区間は茂市―岩泉を基本とする―などと合意した。運行本数、停留所、運賃は現行の鉄道水準を基本にJRと地元自治体が協議を続ける。
 現時点では1日4往復が基本。地元の要望を受け、現行の代行バスのルートから大川集落方面に片道約1・4キロ、岩泉町中心部では岩泉高方面に約1キロ延長する。
<引用ここまで>

ついに来るべきものが来てしまったかなという印象があります。
脱線事故のあと、ずっと代替輸送でのバスになっていたこともあり、何らかの動きがあるのかなとは思っていましたが、ついに廃止が決まってしまったかという感じもします。

岩泉線の終点には龍泉洞という鍾乳洞があり、そこへの観光誘致のためにJR東日本が作ったポスターにはアクセスとして岩泉線ではなく、盛岡駅から路線バスと書かれていたので、もしかしたらどこかのタイミングで廃止という話になるのかなとは思っていましたが…。

岩泉線自体、並行道路未整備という理由で国鉄時代の特定地方交通線でも廃止を免れていたけれど、そのあたりも道路整備を行うということで廃止という結果になってしまったのかもしれません。

鉄道がなくなるということは、時刻表の地図から地名が消えるということとほぼ等しいとは言うけれど、その影響が最小限となってほしいと思っています。

« 2013年11月7日 | トップページ | 2013年11月9日 »