2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年12月18日 | トップページ | 2013年12月20日 »

2013年12月19日 (木)

春秋航空日本 国内線事業認可取得

NHKの報道によると中国LCCの日本法人、春秋航空日本は国土交通省から事業認可を取得したそうです。
以下に引用します。
<引用ここから>
中国の航空会社などが設立したLCC=格安航空会社の「春秋航空日本」が国土交通省から事業認可を受け、来年5月から成田空港を拠点に国内線の運航を始めることになりました。
17日は、国土交通省の田村明比古航空局長から「春秋航空日本」の鵜飼博社長に認可証が手渡されました。
春秋航空日本は中国の「春秋航空」などが出資して設立されたLCCで、来年5月から成田空港を拠点に広島、高松、佐賀との間で1日2往復の運航を始める計画です。
春秋航空はすでに上海と、高松、佐賀、茨城とを結ぶ国際線を運航していて、今回、国内線にも参入することで中国人旅行客などの乗り継ぎの利便性を高めたいとしています。
国内のLCCは現在、運航している「ジェットスター・ジャパン」と「ピーチ・アビエーション」のほか、今月20日からは全日空の子会社の「バニラ・エア」も運航を始める予定で、低価格を売り物にした空の競争が一段と激しくなりそうです。
<引用ここまで>

事業認可を取得したとなると、運航まではあと一歩と言う感じで既に1号機が日本に到着していて、訓練飛行なども行われているとは聞いています。
成田~高松には既にジェットスタージャパンが就航しているし、今までのジェットスタージャパンの傾向からすると、恐らく春秋航空日本が就航する路線にもジェットスタージャパンが就航してくる可能性が全くないともいえないだけに…。

果たしてどのようなサービスがなされるのか等も含めていろいろと気になるところ。
先週、リージョナルLCCを目指していた『リンク』が非常に残念なことになっただけに、色々と心配だったりします。

そして、中国資本と言うことで、現在の日中関係等も考えるといろいろと苦戦しそうな気もします。
一度は乗ってみて、それから考えてみたいと思っています。

« 2013年12月18日 | トップページ | 2013年12月20日 »