2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年12月28日 | トップページ | 2013年12月30日 »

2013年12月29日 (日)

那覇エアーフェスタ 地上展示編

前に那覇エアー・フェスタの飛来機のみは紹介しましたが、今回は地上展示をメインにまとめてみようと思う。
まずは地上展示の飛行機。
Nc01
U-4輸送機(95-3254)。
入間基地所属。

Nc02
YS-11P輸送機(02-1158)。
美保基地所属。

Nc03
C-1輸送機(68-1019)。
美保基地所属。

Nc04
早期警戒機E-2C(54-3456)。
三沢基地所属のはずだけれど、昨今の情勢からか那覇にも常駐しているらしい…。

Nc05
飛行検査機U-125(49-3043)。
入間基地所属。まさか同じタイミングで国土交通省の検査機も那覇空港にいて驚かされたものだったり…。

Nc06
練習機T-4(76-5758)。
芦屋基地所属。

Nc07
偵察機RF-4E(47-6901)。
百里基地所属。

Nc08
練習機T-400(41-5051)。
美保基地所属。

航空自衛隊の地上展示機材は、那覇基地所属機があまりいなくて、他からの飛来機が予想以上に多い印象を受けます。
このほかにU-125A救難機やF-2戦闘機がいましたが、そのあたりは人だかりが多く撮れませんでした…。

Nc09
陸上自衛隊のUH-60JAブラックホーク(43107)。

Nc10
陸上自衛隊のCH-47JAチヌーク(52957)。

このほかに海上自衛隊のP-3C哨戒機もいましたが、人だかりの中だったのと、自分の中では見慣れた飛行機なので、撮っていなかったり…。

ここからは地上展示の車両編。
Nc11 Nc12
第4移動警戒隊の移動式警戒監視システムの空中線装置。
旧型の3トン半がベースになっているもの。
Nc13
模型を楽しむ身としてはいろいろと妙なところに目が行きます。
タイヤを見ると『KUMHO』のロゴ。
こんなタイヤメーカー聞いたことないなと思いつつも、どこかで見たことがあるなと考えていて思い出したのがこれ。
Nc14
アシアナ航空の機体の後ろの方に書いてあるグループ表記。
自衛隊が韓国製のタイヤを使っていることにちょっと驚いたり…。
かなり強気な入札でもしたのかなぁ。

Nc15
終了時間までいたので、移動時の体制も見ることができました。
こう見ると一瞬タンクローリーに見えなくもない?
ギミックとかも興味深いので、アオシマあたりからプラモデルで出ないかなぁ…。

Nc16 Nc17
もう1台ペアになる監視装置。
こちらも旧型3トン半がベースになっていたり…。

Nc18
移動警戒隊所属の炊事車。
装備としては陸上自衛隊の屋外炊具1号とさほど変わらない感じ。
陸上自衛隊の場合、小型のトレーラーだけどこちらはトラックの荷台に据え付けられています。
外観を撮りそびれてしまいましたが、日野のクルージングレンジャーがベースになっている車。

ここからは航空自衛隊の第17高射隊に所属するペトリオットミサイル一式。
Nc19
発射機とその牽引車。

Nc20
電源車。1枚上の発射機の後ろに写ってるのがこれ。

Nc21
レーダーとその牽引車。

Nc22
射撃管制装置。

Nc23
アンテナマスト。

Nc24
待機車1号。
これで最大定員35名だとか…。

ペトリオットミサイル(一般的にはパトリオットミサイルと言われるけれど…)一式と言うのは初めて見ました。
発射機であれば陸上自衛隊高射学校とか、船橋マリンフェスタで見かけたけれど、一式となると展示スペースにかなり場所を取る感じでした。
ちょっと驚いたのが、一式同時調達ではないのかなと思えてしまうところ。
各車両のキャブは民生品そのものだけれど、三菱のザ・グレートがベースになっているものと、スーパーグレートがベースになっているモノだけでなく、日産ディーゼルのビックサムがベースになっているモノが混在しているのがちょっと興味深かったり…。

模型になるとしたら、このあたりもこだわりのポイントになりそう。
確か輸入モノでアリイが出していたような気もするけれど、純粋な自衛隊仕様だったらこれに手を出すのはアオシマぐらいかなぁ…。

Nc25 Nc26
81式短距離地対空誘導弾(通称短SAM)。
陸上自衛隊仕様とは色が違うくらいかなぁ…。
こちらも旧型の3トン半がベースになっているもの。

那覇のエアーフェスタはブルーインパルスが飛ばなくても面白いとは聞いていましたが、こういう装備品がきっちりと展示されるのがいい感じでした。

一部省略してしまった展示品もあるけれど、なかなか面白いベントだったのは間違いなく…。

« 2013年12月28日 | トップページ | 2013年12月30日 »