2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寝台特急『あけぼの』臨時化…。 | トップページ | RAWデータの保管方法に悩む…。 »

2013年12月23日 (月)

名古屋の河村市長 関西本線での蒸気機関車運行を検討?

読売新聞の報道によると、名古屋市の河村市長が関西本線での蒸気機関車運行を検討しているとのこと。
以下に引用。
<引用ここから>
蒸気機関車(SL)の定期運行を模索している名古屋市の河村たかし市長が、JR関西線での実現を目指していることがわかった。
 愛知県蟹江町など沿線の一部自治体トップとも既に協議を始めており、近くJR東海側にも協力を求める考えだ。
 市関係者らによると、河村市長が想定する運行区間は名古屋―桑名間で、まずはイベントのような形態で臨時運行したい考えだ。河村市長が取得を目指している個人所有のD51を走らせたり、JRからレンタルして運行させたりする案があるという。JR関西線での運行案は愛知県西部にある沿線自治体の首長が提案。名古屋市との連携の在り方を話し合う中、地域を盛り上げるためのアイデアの一つとして浮上した。
 河村市長はこれまで、名古屋市の「あおなみ線」を軸に定期運行を検討。今年2月には一部区間で実験走行も行ったが、高架部分がSLの重量に耐えられるかが大きな課題となっている。
 SL関係者によると、関西線はかつてSLが走り、今も貨物列車が運行されるため、重量の問題は解決できる可能性が高い。ただ、単線区間が多くダイヤに余裕がないため、JR東海の理解が不可欠だ。
 河村市長は取材に対し「関西線は一つの案で、地元を一緒に盛り上げたいという思いだ。週明けにもJRに話をしたい」と語った。一方、JR東海は「話を聞いていないのでコメントできない」としている。
<引用ここまで>

最初のうちはあおなみ線で検討していたとは聞いていたけれど、途中までは貨物列車が走るのである程度強度があると見ていましたが、結果として重量の問題が出てきてしまったようです。

それならばと言う話で関西本線と言う話も出てきたけれど、今の時点で線路に余裕があるとも思えず、色々と難しいところじゃないのかなぁ…。

でもちょっと個人的に心配なのは、市長が独断でやっているように見えてしまう部分がいくつもあり、今回のJR東海のコメントのような「聞いてないので答えようがない」ということが出てているようにも思えます。

まだまだ動きはありそうだから、これからどうなるかを注視していきたいところ。

« 寝台特急『あけぼの』臨時化…。 | トップページ | RAWデータの保管方法に悩む…。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/58808930

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の河村市長 関西本線での蒸気機関車運行を検討?:

« 寝台特急『あけぼの』臨時化…。 | トップページ | RAWデータの保管方法に悩む…。 »