2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年1月28日 | トップページ | 2014年1月30日 »

2014年1月29日 (水)

宇都宮市議会 LRTの住民投票を常任委員会で否決

宇都宮市で導入計画が動いているLRT。
市内にはいろいろな動きがあるようで、『民意なきLRT導入を阻止する市民の会』なる任意団体があったりする。
市長選挙の争点にもなって、賛成派が当選しているのにもかかわらず民意と言っているのも気になるところ。
過去にその市民団体の集会に潜入したレポートなんて言うのもブログで取り上げたけれど、「代案無き反対が通ると思ってるのか!」と野次るとシャレにならない事態になるような雰囲気を感じたり…。

その市民団体が主体になって、LRTの導入に対しての民意を問う住民投票を求めて署名運動をしたそうです。
その結果が出ましたので紹介します。
元ネタは下野新聞の記事になります。
<引用ここから>
宇都宮市議会の臨時会は28日、総務常任委員会を開き、同市が計画する次世代型路面電車(LRT)の導入の是非を問う住民投票を行うための条例制定を否決した。最終日の29日に開く本会議で採決するが、LRTを推進する立場の議員が多数を占めることから否決される見通しだ。同市政初の住民投票を求める取り組みは、「見送り」という結果で終わることになる。
 臨時会は、市民団体「民意なきLRT導入を阻止する会」(上田憲一代表)が3万512人の署名を集めて条例制定を請求したのを受け、佐藤栄一市長が招集した。総務常任委は27日に開かれ、上田代表らを参考人に招いたほか、佐藤市長ら執行部の考えをただしたりして議案を審議したが、長時間にわたったため異例となる延会の手続きを取り、28日に再開した。
 前日の議論を踏まえ9人の委員が討議し起立採決した結果、条例制定に賛成する委員は4人と少数だったため否決となった。
 反対に回ったのは最大会派の自民党議員会、第2会派の自民クラブ、公明党議員会の3会派の5人の委員。反対する理由として「住民投票の対象となるのは合併などの案件。LRT事業は住民との話し合いの中から民意を反映させるべきだ」(自民党)「執行部は将来のまちづくりに向け実現に取り組んでいる。議会も執行部と真剣に議論を積み重ねてきた」(自民ク)などを挙げた。
 一方、賛成したのは市民連合、統一会派フォーラム・みんななど4会派の4人。「市自治基本条例の趣旨にも合致している。間接民主主義の補完として住民投票は必要」(市民連合)などの理由で賛成した。
<引用ここまで>

本会議に出る前に常任委員会で否決されてしまいました。
きちんと議論したうえでの否決となったわけで、やみくもに却下されたわけではないようです。
本当に『民意なきLRT導入を阻止する市民の会』が一体何をしたいのか、いまいちよく分かりません。
LRTはいらない、でも代案を出さないでは一般の人達が運動に賛同してくれるとは思えないんだけどなぁ。
それとも市議会の野党勢が与党を揺さぶるために裏で何かしているのかとも勘ぐってしまいたくなります。
そう考えると非常に自然なのだけど。
果たしてこの後どんな動きになっていくのかが気になるところです。

« 2014年1月28日 | トップページ | 2014年1月30日 »