2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新幹線のコンセントの…。 | トップページ | 可部線電化延伸事業 鉄道事業許可取得 »

2014年2月24日 (月)

みちのくSLギャラクシー号

Yahoo!ニュースに載っているサンケイスポーツのニュースに興味深い記事が載っていた。

<引用ここから>
東日本大震災から3年を迎えるにあたり、フジテレビ系「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)が被災者を励まそうと3月7~8日に岩手、宮城、福島の東北3県を含む、岩手・JR釜石駅-東京・JR上野駅にSLを走らせることが21日、分かった。首都圏にSLが乗り入れるのは約10年ぶり。招待される被災地の約50人が乗り込み、同局の佐野瑞樹(42)、生野陽子(29)両アナウンサーがナビゲートする。
 震災で大きな被害を出した東北3県と首都圏を復興への夢を乗せたSLが走る。
 「めざまし-」が東日本大震災の支援企画「みちのくSL縦断プロジェクト」を立ち上げ、JR東日本の協力を得て実現した。同番組では、音楽イベント「めざましライブ」の全国ツアーを昨年から東北でも行うなど復興支援に力を入れており、同局の角谷公英プロデューサーは「めざまし史上最大のプロジェクトになる。乗客の皆様や沿線の皆様、東北全体が笑顔であふれる企画にしたい」と力を込める。
 JR東日本が復興支援のため、4月12日からJR釜石線・花巻駅-釜石駅間を中心に運行を開始する「SL銀河」と同形のC58形239号機を使用し、特別列車「みちのくSLギャラクシー」として3月7日に釜石駅を出発。仙台駅、福島駅などを経由して、翌8日に上野駅に到着する。
 走行ルートは明らかにしていないが、釜石~上野間は在来線や東北新幹線を乗り継いだ距離では約580キロ。首都圏にSLが乗り入れるのは、約10年ぶりになるという。
 SLには事前に募集した東北3県在住の50人を招待。佐野、生野両アナも進行役で乗車し、車内では「めざましじゃんけん」や人気アーティストが出演する「めざましライブ」などの企画がめじろ押しだ。当日は番組内で、釜石駅から出発セレモニーが生中継される。
 東北在住者や鉄道ファンには夢企画だが、このほど岩手県内でC58を見学した両アナも乗車を心待ちにしている。
 小学生のころ、故郷の静岡県から鉄道で一人旅をしたことがある佐野アナは「親に頼み込んで静岡駅から(山口県の)小郡駅(現・新山口駅)までブルートレイン、小郡駅から(島根県の)津和野駅までSLやまぐち号に乗りました。あの感動を、また味わえるとは!」と大感激。
 生野アナは「生まれて初めて本物の動くSLを見て大興奮。復興へのさらなる原動力となることを信じ、乗車できる貴重な機会を楽しみにしています」とコメントした。
<引用ここまで>

蒸気機関車が現役の頃でも、機関車1両でこれだけの距離をロングランする運用があったかどうかちょっと気になるところだけれど、色々と調整をしたうえでようやっと発表できたのではないかと個人的には見ています。

記事の中には首都圏にSLが乗り入れるのは10年ぶりとはあるけれど、去年成田線で走ったじゃないかと(笑)。
あと秩父鉄道とか真岡鉄道とか、一体どこから10年ぶりなんて言葉が出てきたのやら…。

そして、このイベント列車が東京へ入ってくるのが土曜日。
曜日に関係なく珍しい列車が入ってくるとわかると騒ぎになるというのに、果たして休日にやって大丈夫なのだろうか…。
恐らく警備はかなり厳重になっていると思われるから、諸々大変なことになるとは思うけれど、事故だけは起こらないでほしいなぁと思っていたり。

果たしてどんな番組になるのやら…。

« 新幹線のコンセントの…。 | トップページ | 可部線電化延伸事業 鉄道事業許可取得 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/59192233

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくSLギャラクシー号:

« 新幹線のコンセントの…。 | トップページ | 可部線電化延伸事業 鉄道事業許可取得 »