2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年5月11日 | トップページ | 2014年5月13日 »

2014年5月12日 (月)

チャーリー古庄さん ギネス認定される

月刊エアラインの最新号にも載っているけれど、航空カメラマンのチャーリー古庄さんがギネス世界記録に認定されたことが読売新聞に載りました。

保管している搭乗券の記録等からして156社の飛行機に乗ったことが認定されたとのこと。
雑誌の取材と言うのは、月刊エアラインの連載である『世界オフライン紀行』などのことが中心になっている様子。

この新聞記事自体、読売新聞では千葉版にのみ紙面に載ったようです。
どうやら成田空港の近くに住んでいるそうで、プロフィールの写真も航空科学博物館のベランダで撮ったものみたい。

成田空港の近くに移住した理由が以下のように書かれているので引用します。
<引用ここから>
都内から成田空港近くに越してきたのは5年前。撮影に最適な条件が整うと、すぐ“現場”に駆けつけられるようになった。最近、「国際線が増えた羽田に住まないの」とよく尋ねられるが、ここが気に入っている。「満開の桜や紅葉、田園などの上空を舞う旅客機が狙える。海に面している羽田と比べ、成田は季節感にあふれている」
<引用ここまで>

確かに羽田空港で季節感を出す写真となると、どこか場所があったかなと悩んでしまいます。
成田空港であれば、空港の展望デッキでもターミナルの向かい側に桜が植えられているところもあるし、さくらの山公園なんかもあるし、季節感を出すとすればいろいろできそうなイメージはすぐに湧いたりしています。
あと、写真を撮る上でネタにあまり困らないというのもあったり…。
私も最近羽田より成田に行く傾向になりつつあったりしています。

羽田より成田が近いという理由だけではなく…。

« 2014年5月11日 | トップページ | 2014年5月13日 »