2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年6月6日 | トップページ | 2014年6月8日 »

2014年6月 7日 (土)

東京オリンピックに合わせて都内にロープウエイ?

産経新聞にちょっと驚くべき記事が載っていた。

2020年の東京オリンピックに合わせて汐留から有明地区までロープウエイを通すというモノ。
以下に引用します。

<引用ここから>
 2020年東京五輪に向け、選手村や競技場が集中する東京都の湾岸地区にロープウエーを建設する構想が浮上している。山崎孝明・江東区長が6日の定例記者会見で表明、月内にも舛添要一知事に要望書を提出する。
 12年ロンドン五輪では、市内を流れるテムズ川をまたいでロープウエーが運行され、競技会場に観客を運ぶ役割を果たした。
 区によると、区間は港区汐留地区と江東区有明地区を結ぶ約4キロ。都道「環状2号線」の整備に合わせ、その上空を通す。沿線には築地市場が移転してできる豊洲新市場もあり、観光路線としても活用する。高さ50~60メートルで建設費は250億円程度。区は建設費を出さず、民間事業者を募る方針という。
 山崎区長は「湾岸地区の交通機関は十分ではない。五輪がやってくるんだから夢を見よう」と呼び掛けた。
<引用ここまで>

環状2号線と言うと、虎ノ門のほうから海へ抜ける新しい道路として、新橋のあたりでマッカーサー道路とか言われていたもので、確かほぼ一直線に汐留から有明へ伸びているはず。
ロープウエイの場合、基本的には2点間を直線にしなければならないはずなので、そういうところからすると場所としてはあり得るような気がします。

まだ構想段階だけれど、実際に実現すれば面白いかなとは思えるので、今後に期待したいところ。

« 2014年6月6日 | トップページ | 2014年6月8日 »