2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JR九州で『或る列車』が復活か? | トップページ | 相撲部屋の夏合宿 »

2014年7月30日 (水)

東京湾納涼船に乗ってきた

今日は友人に誘われて東海汽船の東京湾納涼船に乗ってきた。

東海汽船に乗るのは高校の遠足で千葉港~横浜港を学校がチャーターした、さるびあ丸に乗った以来.。
さるびあ丸も現在就航しているものではなく、先代のさるびあ丸だったり。
この東京湾納涼船、なんでも昭和25年から続いている長寿企画で夏の風物詩となっている感じ。
夕方に大島航路から竹芝に戻ってきた船が、夜に大島航路に出るまでの間を客船全体を大きなビアガーデンのように使うというもの。
料金も飲み放題で大人2600円、浴衣を着ていくと1000円引きというかなり太っ腹なもの。
食事はチケットを買ってそれを使うという形なので、2時間縛りのビアガーデンと考えても十分お値打ちな感じ。
竹芝桟橋に行こうと浜松町駅へ行くと、まるで花火大会でもあるかのように浴衣姿の人たちが竹芝桟橋へ行く流れができていました。
竹芝桟橋はすごい人になっていて、ちょっと驚くところ。
今回乗る船は、さるびあ丸で定員からしてもおそらく1500人ぐらいは乗っていたのではないかと。
かなりの人はデッキで立ってステージを見ていたりしていたようだけど、ちょっとステージのライブの流れについていけなかったので、二等の座席でのんびりしていました。
2等船室は事前予約で宴会場にできるようなサービスをされていたりと、いろいろと興味深いところ。
船は竹芝を出て、羽田空港の沖合まで行って引き返してくる所要2時間ぐらいの航路でした。
なかなか楽しめたので、また何か機会があったら行ってみたいところ。

« JR九州で『或る列車』が復活か? | トップページ | 相撲部屋の夏合宿 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/60071872

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾納涼船に乗ってきた:

« JR九州で『或る列車』が復活か? | トップページ | 相撲部屋の夏合宿 »