2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年8月3日 | トップページ | 2014年8月5日 »

2014年8月 4日 (月)

離着陸時の電子機器の使用条件 緩和か?

TBS News iの報道によると、国土交通省が9月より旅客機の離着陸時の電子機器の使用条件が緩和されるかもしれないとか…。

参考までに以下に全文を引用。
<引用ここから>
 国土交通省はスマートフォンなどの一部の機能について、飛行機の離着陸の際にも使用出来るように、制限を9月1日から緩和する方針を固めました。
 現在、飛行機の離着陸の際には「電波が運航に支障を及ぼすおそれがある」として、すべての電子機器の電源を切る必要がありますが、国土交通省は9月1日からこの制限を緩和し、強い電波を発しない「機内モード」に設定したスマートフォンやタブレット、それにデジタルカメラなどの使用を認める方針を固めました。強い電波を発する携帯電話の通話などは、引き続き禁止としています。
 アメリカでは航空当局が去年10月に解禁し、国土交通省にも要望が寄せられたため検証を行った結果、安全性の確認が取れたということです。国土交通省は今週中にも正式に発表することにしています。
<引用ここまで>
正式な発表が待ち遠しいところです。
これで機内にWi-Fiが搭載されたら、Wi-Fi経由で位置ゲーをする人とかも出てきちゃうのかなぁ…。
その時はゲームの主催者側がどういう対応をしてくるのかが気になるところ。
地上で移動している速度からして怪しいとかいうチェックも出てきてしまうのかなぁ。
あくまで国土交通省のガイドラインだろうから、あとは各社の判断にゆだねるというところになるんだろうけれど、他社に比べて電子機器使用可能のアナウンスがかかるのが遅く、使用規制がかかるのが早いジェットスタージャパンなんかはどんな動きになるのかが非常に気になるところ。
これで離陸待ちの時にエアーバンドが聞けるとか、地上を移動中に見た怪しい機材が取れるとかいう話は飛行機趣味の世界では言われていたり。
正式な発表が待たれるところです。

« 2014年8月3日 | トップページ | 2014年8月5日 »