2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年9月8日 | トップページ | 2014年9月10日 »

2014年9月 9日 (火)

月刊エアライン2014年10月号

月刊エアラインの最新号が出たので買ってきた。

まず最初に目を引くのが4K動画から切り出したという画像データをプリントしたもの。
飛行機の撮影をしていても、なんでこんなにバシバシ連射するのかなぁと思えるような撮り方をする人はたまに見かけるけれど、そういう人ならばこういうカメラを使うといいのかもしれません。
自分はそんな感じの撮り方はあまりしないのだけど、ちょっと興味があっていろいろ調べてはいるけれどまだまだいいお値段なだけに、情報収集だけは続けていこうかなと思っていたり。
今月の特集として、やっぱり全日空が世界で初めて営業運航に投入したボーイング787-9が取り上げられています。
機会があったら乗ってみたい機材ではあったりします。
個人的に目を引いたのは、大韓航空が保有するビジネスジェット機の特集。
飛行機の中でも、そうそう乗れるものではなく中がどうなっているのかは非常に気になってはいたけれど、こういう形で取り上げられるのは珍しいかなと。
あと、新しい政府専用機についての記事もちょっと気になるところ。
政府が示した政府専用機の提案要求が以下のようになっています。
・新たな政府専用機2機の機体および特別仕様への改修
・維持整備体制の準備等に関する器材および役務
・教育訓練に関する器材および役務
記事によれば、政府専用機を政府に代わってボーイング社から購入して政府専用機仕様に改修するなんて書いてあるのが何を示しているのか…。
今回の調達については全日空に決定したけれど、ボーイングの場合は発注者を示すコードが機体のプレートにどのようなコードが打刻されるのやら…。
全日空を示す81になるのか、日本政府を示す7Cになるのか。
あと読者として一言言いたいのは、中間の『もっとディープにエンジンの話をしよう』などが載っている色つきのページがきついピンク色で目がチカチカしてどうしようもないので、何とかならないかなぁ…。
ブログに書いて意味があるかどうかはちょっとわからないけれど。

« 2014年9月8日 | トップページ | 2014年9月10日 »