2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年9月24日 | トップページ | 2014年9月26日 »

2014年9月25日 (木)

芝山町 航空機撮影スポットの整備を計画

朝日新聞の報道によると、芝山町が飛行機の撮影スポットを整備すべく「空港の見える丘(仮称)」の整備を進めているそうです。

<引用ここから>
航空機ファンのために撮影スポットを整備して客を呼び込もうと、芝山町が仮称「空港の見える丘」の建設計画を進めている。一般会計補正予算案に測量・設計業務委託料約690万円を計上し、9月議会で可決された。
設置場所は同町岩山の成田空港A滑走路の南端で、現在は雑草などが生い茂って荒れ地になっている。広さは約8200平方メートル。成田国際空港会社の所有で、町が借地して整備する。
具体的な設計はこれからだが、駐車場と傾斜を生かした観覧スペースを整備する方針。2015年度の予算に盛り込み、年度末までのできるだけ早い時期の完成を目指している。
<引用ここまで>

朝日新聞の無料記事で読めるのはここまでだけど、このほかに全日空の格納庫の前を着陸する飛行機の写真が載っていることを考えるとだいたいの場所は察しが付くけれど…。

空港会社の所有地ということは、34Lエンドとファンの間で言われている国道沿いの空き地のところかなと思えたりします。

私自身何度も行っているところでいいところなのだけど、もうちょっと足場が高ければいいなぁと思えている場所。
離陸する飛行機を狙うなら、2メートルぐらいの高さの脚立があるとすごくいいんだろうなぁと思える場所でもあったりします。

どんな整備がされるのか気になるところです。
2メートルぐらい土を盛ってくれて、うまくフェンスが機体にかからないような撮影ポイントになってくれればいいけれど…。.

« 2014年9月24日 | トップページ | 2014年9月26日 »