2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 銚子電鉄1002号 2015年1月 引退へ | トップページ | YOKARO 受託していたコミュニティバスの運行も休止… »

2014年11月 7日 (金)

種村直樹先生 死去…

今日は大変衝撃的なニュースが回ってきました。

かねてから闘病中であった、レイルウェイ・ライターの種村直樹先生が亡くなりました。
長らく種村直樹先生のアシスタントをされていた、栗原景氏のブログによると、亡くなったのは昨日の夜だとか。

鉄道好きであれば、だれもが知っている方で、私もご縁があって2度ほどお見かけしたことがあるけれど、お声をかけ損なってしまい非常に残念な思いでいっぱいです。
本当に2ちゃんねるに出回っている先生のアスキーアートがそっくりすぎて、一人ニヤニヤが止まらなかったのも思い出だったりします。
最初に先生の似顔絵を描いた方のセンスが優れていたからだと思います。

私自身、ニフティサーブの鉄道フォーラムに入っており、その中の濃いメンバーは種村直樹先生のファンクラブ、『種村直樹レイルウェイ・ライター友の会(Train Travel Talk with Tanemura 通称TTTT)』に関わっておられる方が多くおられ、そういう方々にも良くしていただいていることもあったりします。
そういう方々も種村先生へ直接質問の手紙を出してそれで集まった方々だと聞き、今のSNS全盛の時代を先取りしていたような印象を受けます。

中には種村先生以外にも『レイルウェイ・ライター』を名乗っている人はいるけれど、個人的にはレイルウェイ・ライターは種村直樹先生を示す固有名詞だと思っています。
果たして、今後種村先生を超える鉄道系のライターは果たして出てくるのだろうか、ちょっと気になったりします。

心よりご冥福を申し上げます。

« 銚子電鉄1002号 2015年1月 引退へ | トップページ | YOKARO 受託していたコミュニティバスの運行も休止… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/60614448

この記事へのトラックバック一覧です: 種村直樹先生 死去…:

« 銚子電鉄1002号 2015年1月 引退へ | トップページ | YOKARO 受託していたコミュニティバスの運行も休止… »