2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« mixi 1人で2つのアカウントを利用可能に | トップページ | 山陽小野田市のD51300の整備の様子が『BS列島ニュース』に »

2015年1月16日 (金)

マルチコプターってどんなもの?

先日ブログで取り上げた、琉球新報の小型ラジコンヘリ失踪事故。
過去にイベントで実機を撮っていたので今回は取り上げてみようと思います。

昨年9月の全日本模型ホビーショーで撮ったものです。

Ml01
これが『DJI PHANTOM2』という、今回琉球新報がなくしてしまった小型マルチコプターの同形機。
会場で話を聞いたら、航空法で引っかかる高さ(基本的には地表面から150メートル)より上まで上げようと思えば上がるというものだそうです。

Ml02
ラジコンなのでプロポはこんな感じ。
上のほうにチラッと写っているのがバッテリーになります。

Ml03
飛んでいる状態を操縦者の横から撮るとこんな感じ。
電波さえ届けば、実機を見なくても飛ばせることができるようだけど、やっぱり自分の目で機影を追いかけないと危ないような…。

メーカーの公式サイトを見ると、GPS情報が登録されていて、空港から一定の範囲内にある場合は飛ばせないようになってはいるけれど、これがどうやら日本の航空法とあっていないような気がしてなりません。

琉球新報のマルチコプター導入の記事を見ていると、県庁前から市役所方面を撮ったと思える写真があるけれど、これがかなりまずいような気がしてなりません。
確か県庁・市役所のあたりまで水平表面の規制がかかっているはずで、そう簡単に飛ばしていいものではないような…。

少なくとも、オスプレイは危険だ!とよく言えるなぁという事件でしかない気もします。
飛行場の管制圏とラジコンヘリの関係をもうちょっと整理してみたいところではあるけれど。

« mixi 1人で2つのアカウントを利用可能に | トップページ | 山陽小野田市のD51300の整備の様子が『BS列島ニュース』に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/60984972

この記事へのトラックバック一覧です: マルチコプターってどんなもの?:

« mixi 1人で2つのアカウントを利用可能に | トップページ | 山陽小野田市のD51300の整備の様子が『BS列島ニュース』に »