2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本交通 VIPタクシー誕生 | トップページ | mixi 1人で2つのアカウントを利用可能に »

2015年1月14日 (水)

琉球新報の小型無人ヘリが行方不明に…

沖縄本島の地方紙は2紙あって、琉球新報と沖縄タイムスと言うけれど、どちらもスタンスが左寄り(タイムスのほうが過激かなと思えることも)なことで知られています。

そして、琉球新報がなんかやらかすと、必ず沖縄タイムスが記事にするというお約束も…。
前にも、前知事の退任パーティの会場から録音状態になっている琉球新報記者のICレコーダーが見つかるなんて言う事件も報道されていたり…。
沖縄タイムスは何もやってないんだよね?という疑問が出てきてしまうことも。

今回は小型無人ヘリの行方不明事件。記事はこちらから。

<引用ここから>
琉球新報社は14日、写真映像部記者2人が13日に空中撮影用の小型無人機マルチコプター(全長約35センチ、重さ約1・5キロ)の操作訓練をした際、機体の制御を失い行方が分からなくなったと発表した。新報社によると、14日現在、機体は見つかっていない。那覇新港周辺に墜落した可能性があるという。那覇署などによると、けが人は確認されていない。
 新報社は「習熟訓練中のマルチコプターの行方が確認できない事態を招き、申し訳ありません」とコメントした。
 新報社によると、13日午後3時半ごろ、那覇市天久の同社敷地内で記者2人が機体を高度約15メートルまで上下させる基礎訓練をしていたところ、何らかの理由で制御を失い、高度約200メートルまで上昇。制御不能のまま那覇新港方面に飛行し、行方が分からなくなった。自動で離陸した場所まで戻るよう設定されていたが、機能しなかったという。
 記者1人は半年以上の訓練経験があり、もう1人は今月から訓練を始めたという。機種は「DJIファントム2」。4枚のプロペラで飛行し、機体下部にカメラ機材が装着されていた。
<引用ここまで>

普通に市街地で飛ばして行方不明になっても結構な問題になるのに、那覇市内でやってしまうというのはかなり問題があるかと。
と言うのも那覇空港と市街地はかなり近く、市街地でも航空法で定められた水平表面の規制が県庁のあたりまでかかっていたりするし、下手すると航空法で禁止されている高さまで小型ヘリが上がっていった可能性も否定できないし。

高度約200メートルまで上がったとなると、那覇空港に離着陸する飛行機とニアミスしてもおかしくない高さであるだけに、あとでいろいろと問題になりそう。

航空法の第99条2の1項の禁止行為と照らし合わせるといろいろと別の問題が出てきそうな気がしてなりません。

これでいて米軍のヘリが危ない、オスプレイが危ないと報道し続けられるのかが非常に気になるところだけど、自社の不祥事は棚に上げてってところなんだろうなと思ったり。

どうやら先月導入して、こんな動画を撮っていたようです。


練習するのはいいけれど、航空法の規制がかかってる可能性のある自社敷地内でやることはないのに…。
さて、どうなるか…。

« 日本交通 VIPタクシー誕生 | トップページ | mixi 1人で2つのアカウントを利用可能に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/60974611

この記事へのトラックバック一覧です: 琉球新報の小型無人ヘリが行方不明に…:

« 日本交通 VIPタクシー誕生 | トップページ | mixi 1人で2つのアカウントを利用可能に »