2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年1月31日 | トップページ | 2015年2月2日 »

2015年2月 1日 (日)

厚生労働省 22時以降は残業禁止

読売新聞に厚生労働省の長時間労働削減についての記事が載っていた。

<引用ここから>
「休むのも仕事です。今度こそ本気です」
 厚生労働省の長時間労働削減推進チームは、こんなキャッチフレーズで「働き方・休み方改革推進戦略」をまとめた。同省職員の長時間労働を改善するためで、職員は原則として毎日午後8時までに退庁する――とした。やむを得ない場合でも、同10時までには退庁する。実施状況は全職員の人事評価に反映するという。
 法令審査や国会業務などを扱う大臣官房などが3月から半年間、先行実施する。10月以降、全部局を対象とし、10時以降の残業が禁止される。戦略では、これらを「厚労相主導の下、半ば強制的に実施する」と明記した。危険な感染症の発覚など突発事案が発生した場合などは例外とする。
 同省は、社会保障と労働行政を抱え、霞が関の省庁でも残業が多いとされる。一方で、民間企業の長時間労働の監督指導を行うことから、塩崎厚労相が音頭を取って改善に乗り出した。
<引用ここまで>

実施状況が人事評価に反映とは思い切ったことをするなぁと言う感じもします。
良く官僚の9時5時は、朝の9時から夕方の5時ではなく、翌朝の5時と言われていたりしたし、国会対応があるなんて言うのは過去に報道されていたけれど。

労働基準監督署が長時間労働を徹底的に取り締まるとしたら、まずは自分たちからという笑えない冗談もあるやに聞いたことがあるし。

でも、長時間労働の原因って業務に当たる人数に対して作業量が多いってことではないのかなと思えたりします。
かといって人を増やしたらどうにかなるというところではないはずで、本当に今回の作戦がうまくいくのかなとちょっと気になっていたり。

上手くいけば、そのやり方が広まって長時間労働削減にはなるのだろうけれど。

« 2015年1月31日 | トップページ | 2015年2月2日 »