2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 行ってよかった!  朝食のおいしいホテルランキング2015 | トップページ | 米軍基地に入る時に必要とされる記載印字票を入手する »

2015年4月18日 (土)

滋賀の宿泊客数の伸び率が全国1位

京都新聞に、滋賀県の宿泊客数の伸び率が全国1位になったというニュースが出ていました。
<引用ここから>
滋賀県に昨年1年間で宿泊した人の数は延べ約463万人で過去最多を記録し、伸び率の約13・6%は都道府県別で全国1位だったことがこのほど、観光庁の調査でわかった。観光人気の高い京都や大阪から宿泊客を取り込むとともに、湖国観光の注目度も高まった結果とみられる。
 観光庁が毎年実施している宿泊旅行統計調査によると、全国のホテルや旅館には昨年延べ約4億7232万人が宿泊。滋賀の宿泊者数は都道府県別で31番目だったが、前年から約55万人増え、伸び率は大阪(12・1%)や福岡(12・0%)を上回って最も高かった。
 県によると、昨年は長浜市でNHK大河ドラマにちなんだ「黒田官兵衛博覧会」が開かれ、30万人超の来場者を記録したほか、八幡堀(近江八幡市)などヒット映画のロケ地巡りも人気を集めた。観光振興組織「びわこビジターズビューロー」(大津市)などのキャンペーンで国内から旅行客を呼び込めたことが大きな要因という。
 また、外国人の増加も目立ち、前年比77%増の約23万人が宿泊。円安を受けて訪日客が増えるなか、大阪市のテーマパークや京都観光の拠点としてアクセスの良い滋賀に宿泊する人が多かったという。台湾などからの修学旅行も年々増えており、前年からの増加者数は約10万人で、全体の増加分の2割近くを占めた。
 県観光交流局は「これまで滋賀県は観光地として魅力は高いのに発信力が弱かったが、関係組織の誘致努力が実りつつある」としている。
<引用ここまで>

滋賀県の伸び率が全国一と言うのがちょっと驚きではあるけれど、個人的に思い当たるところがいくつか…。
シーズンによっては京都のホテルが全然取れないことがあったりするし(具体的にいうと紅葉のシーズンとか中国の春節とか…)、そういう時に京都に泊まれないから大津にしようかと決めて大津へ泊まるなんて言うのはやったことがあるし…。
京都市内でも東山の方であれば、大阪に泊まるよりも大津に泊まったほうが便利と言うパターンもあるし…。
願わくば伸び率が地域ごとに出てくれば、また興味深い数字が出てくるのかなぁと個人的に思えたりします。

大津あたりならば、京都のホテルが取れないからと言うのはありそうだけど、近江八幡とか彦根あたりだと、その土地への魅力が宿泊者数の増加につながっているのではないかなと個人的には思っていたり…。

« 行ってよかった!  朝食のおいしいホテルランキング2015 | トップページ | 米軍基地に入る時に必要とされる記載印字票を入手する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/61457159

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀の宿泊客数の伸び率が全国1位:

« 行ってよかった!  朝食のおいしいホテルランキング2015 | トップページ | 米軍基地に入る時に必要とされる記載印字票を入手する »