2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年4月24日 | トップページ | 2015年4月26日 »

2015年4月25日 (土)

琉球新報の社説でドローン規制に触れる

先日、首相官邸の屋上にドローンが墜落しているというニュースがありました。
犯人は本日逮捕されたようだけど、昨日の琉球新報の社説でもこの問題に触れていました。

やっぱりと言うかなんというか、知る権利の尊重とか米軍基地周辺の規制云々とか最低限の規制に留めるべきなんて書いてあります。

そもそもドローン規制って、不慣れな人とかが無茶な飛行をしたりとか、悪意を持った人物か重要施設周辺を飛ばしていろいろと騒ぎを起こしているとかそういうのを規制すべきってことなんだと個人的には思っていたりしますが…。

規制は最小限にとどめるべき、そして正しく使えば役に立つとそれなりにいいことを書いてはいるけれど、この一言があるとお前が言うなと言う感じになってしまう。

『 普及が進む一方で、事故も起きている。名古屋市の繁華街で昨年4月に夜景を空撮中に墜落したほか、神奈川県では昨年11月、マラソン大会の空撮中に墜落し、下にいた人がけがをした。琉球新報社のドローンもことし1月、制御不能で行方不明となっている。』

那覇空港より北側にある自社敷地内で操縦訓練してたら、操縦不能になって高さ200メートルくらいの高さまで上がって、そのあと海のほうに飛んで行ってどっか行ったという笑えない事件で、しかもその日は那覇空港が南風運用(北側から進入)と言う状態で、最悪の場合ドローンが飛行機とぶつかっていた可能性もあったというのに…。

個人的にはある一定サイズ以上のドローンには登録番号は必要かなと思っていたりするし、なんらかの技術者養成制度も必要だとは思うけれど…。

« 2015年4月24日 | トップページ | 2015年4月26日 »