2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年5月4日 | トップページ | 2015年5月6日 »

2015年5月 5日 (火)

明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域 世界遺産に

昨日あたりからニュースになっている、日本で19番目の世界遺産となりそうな『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』。
今の状況だと、恐らく7月の世界遺産委員会で世界遺産への登録が認められるような雰囲気があるようです。

一部報道によると、韓国がお約束ともいえる『キョウセイレンコウガー』とか言っているようですが、本当に止めようとしたら理論的な証拠を出さなきゃダメなのではなんている論調もあったりはするけれど、結果に大した影響は出ないじゃないかなと思ったり。

今回驚いたのが、かなり広範囲に世界遺産の構成要素が散らばっていること。
山口県の萩はもちろんのこと、北九州市の八幡、長崎の端島(軍艦島)、長崎のグラバー邸、三菱重工長崎造船所、鹿児島の尚古集成館・仙巌園など、そして韮山の反射炉、日本の近代製鉄史で欠かすことのできない釜石の橋野高炉も構成要素に入ったのがなかなかすごいなと思ったり。

世界遺産となると、世界遺産条約で何らかの形で国の保護下にあるもの(重要文化財とか重要伝統的建造物群保存地区とか国立公園とか)でなければならないはずで、現役の工場施設についてはどのようにしてこの条件をクリアしてるかがちょっと気になったりはしています。

今回の世界遺産の絡みで、ずいぶん観光客の流れとか変わっちゃったんだろうなぁ…。
私自身行ったことがあるのは、グラバー邸と、仙巌園と、八幡製鐵所と、韮山の反射炉ぐらいなんだよなぁ…。

« 2015年5月4日 | トップページ | 2015年5月6日 »