2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年5月6日 | トップページ | 2015年5月8日 »

2015年5月 7日 (木)

アメリカ政府 日本にオスプレイを17機売却へ

NHKニュースの報道によると、アメリカ政府が日本に対してオスプレイを売却する方針を決定したそうです。

<引用ここから>
アメリカ政府は、自衛隊が導入する予定の新型輸送機オスプレイについて、17機を売却する方針を決め、自衛隊の作戦能力の強化につながると期待を示しました。
アメリカ政府は6日までに、新型輸送機オスプレイ17機と、エンジンなど関連する装備品を日本政府に売却する方針を決め、議会に通知しました。
陸上自衛隊は2018年度までにオスプレイ17機を導入する計画で、売却の総額は推定で30億ドル(日本円でおよそ3600億円)ということです。
これについて、アメリカ政府は「オスプレイは陸上自衛隊の人道支援活動や災害時の救出能力を強化し、水陸両用作戦を支えるものになる」として、自衛隊の作戦能力の向上につながると期待を示しました。また、「負担の分担を進め、アメリカ軍との相互運用性を高めることになる」として、日本がオスプレイを導入すれば、アメリカの負担の軽減にもつながると説明しています。
日米両政府は先月、新たな日米防衛協力の指針、ガイドラインを決定していて、アメリカは日米の連携がさらに強化され、安全保障面における日本の役割が拡大することに期待を示しています。
<引用ここまで>

いずれ自衛隊はオスプレイを導入するとは思っていましたが、まさかこんなに早くと言う展開はちょっと驚くところです。
どうやらまず陸上自衛隊に向けて配備と言うことだけれど、現在陸上自衛隊が持っているヘリコプターのどれよりも速く、固定翼のLR-2連絡機(ビーチクラフトキングエア300)ともいい勝負になるような速度で飛べて、かつ離着陸時はヘリコプターの強みを生かせるというメリットがあることを考えると、離島での急患輸送にも十分使える機材ではないかなと思えたりしています。

あと考えられるのはこのヘリコプターで空挺団員を乗せて空挺降下をやるなんて言うのもできそうな気がしています。

そうなると陸上自衛隊に導入されたとき、どこに配備されるのかが気になるところ。
離島での急患輸送と考えると那覇のような気もするけれど、空挺団と考えると木更津に来てくれそうな気もするし、要員養成をするとなれば航空学校のある三重の明野か…。

少なくとも陸上自衛隊のどこかの駐屯地に配備されれば、恐らく木更津か下総の航空祭で見れるのかなと思ったり。
軍用機も追いかける飛行機好きとなると、これからが気になるところであったりします。

« 2015年5月6日 | トップページ | 2015年5月8日 »