2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年5月26日 | トップページ | 2015年5月28日 »

2015年5月27日 (水)

また戦艦大和の引き揚げの話…

日刊スポーツに戦艦大和の引き上げについての記事が載っていた。

<引用ここから>
 自民党の若手国会議員有志が26日、太平洋戦争で米軍に撃沈された旧日本海軍の戦艦「大和」の引き揚げを検討する議員連盟を発足し、国会内で初会合を開いた。大和が沈む鹿児島県南西沖の海底調査などを政府に求める提言を6月にもまとめる方針だ。

 初会合後、呼び掛け人の中川俊直衆院議員は「戦後70年の節目の年。不戦の誓いのためにも引き揚げには意義がある」と記者団に語った。議連は「海底の戦艦『大和』『武蔵』調査研究会」。フィリピン中部シブヤン海で沈没した姉妹艦の武蔵の研究も進める。
<引用ここまで>

こういう話は何度も出ているけれど、あえて引き揚げる意味があるのかどうかいまいちわからないところではあります。
何度も調査はされているし、研究も進んではいるとはいえ、さすがに引き揚げるとなるとハードルが高すぎるのではないかなと思っていたり…。

昨今の情勢を考えると、日本海軍が作った戦艦12隻のうち、沈没後の姿がまだしっかりと把握されていない船を探すためにお金を使ったほうがいいんじゃないかなと思えるのは自分だけかなぁ…。
でもソロモン海に沈んだ比叡の調査が行われると、下総航空基地にある主錨はなんなんだとという別の問題が出てきそうな気がするけれど、それはすでに本物であるかどうかという疑問が出ているので、それはそれで進化なのかもしれない。

ま、戦艦ではなくてミッドウエー海戦で沈んだ空母を探すとかでもいいのだろうけれど。
こう考えてしまうのは、私がそれなりにガチの提督勢だからと言うのもあるけれど。

« 2015年5月26日 | トップページ | 2015年5月28日 »