2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« また戦艦大和の引き揚げの話… | トップページ | 線路内を近道で書類送致 »

2015年5月28日 (木)

大井川鐵道 事業再生支援を申請か?

静岡新聞『@S』に大井川鐵道に関するちょっと驚く記事が載っていた。

<引用ここから>
経営不振の大井川鉄道(島田市)の再建問題で、大鉄が政府系の地域経済活性化支援機構(東京都)に事業再生支援を申し込む方針を固めたことが28日、関係者の話で分かった。1969年の名古屋鉄道(名古屋市)の経営参加以来、半世紀近くにわたる筆頭株主の名鉄と大鉄の関係は大きな節目を迎える。
 同機構は有用な経営資源を持ちながら過大な債務を負った事業者を対象に金融機関や新スポンサーとの間に入り、債権放棄を仲介するなどして事業再生を図る支援機関。関係者によると、既に静岡県外でホテル再建に関わった実績のある新スポンサーが浮上している模様だ。支援が決定すれば、名鉄は事実上経営から撤退する見込みで、大鉄は新スポンサーの下で再出発することになる。現在の名鉄の持株数は44万株で議決権比率は10・5%。
 大鉄は主力のSL事業の不振で2013年度に3期連続赤字を計上した。有利子負債は約35億円。14年3月に電車を大幅減便して沿線自治体に支援を求めるとともに金融機関から元金の返済猶予を受け再建策を検討していた。14年度は「きかんしゃトーマス」の好評で黒字転換の見込み。
<引用ここまで>

関越道での陸援隊の事故を受けての観光バスの規制強化で、団体客が減っていろいろ大変だとは聞いていたけれど、ここまで大変なことになっていたとは…。

私自身、トラストトレインのC12が走らなくなってから、足が遠のいてしまってはいたけれど、名鉄が撤退するという話になっていたのがちょっと驚きではあったけれど。

運行本数が減ったことで利用客が本数が減った以上に減ってしまうなんて言う話は前から聞いたことがあるけれど、恐らくそのようなことが今回の方針へと動いたのかもしれません。

すでに静岡県外でホテルの再建に関わっている会社がスポンサーとして名乗りを上げているらしいけれど、それが果たしてどこなのかちょっと気になるところ。
続報を待ちたいところです。

« また戦艦大和の引き揚げの話… | トップページ | 線路内を近道で書類送致 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/61660376

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鐵道 事業再生支援を申請か?:

« また戦艦大和の引き揚げの話… | トップページ | 線路内を近道で書類送致 »