2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ワールド工芸のプラシリーズ 第6弾・第7弾発表 | トップページ | 阪急電鉄の創業者を描いたドラマ »

2015年5月 1日 (金)

大阪都構想の住民投票に絡む不審電話

産経新聞に5月17日実施される大阪都構想に関する住民投票に関する不審電話に関する記事が載っていた。

<引用ここから>
大阪都構想の賛否を問う住民投票を17日に控え、対象となる大阪市内の有権者に世論調査を装った不審な電話が相次いでいることが1日、関係者への取材で分かった。「賛成なら投票に行かなくてもよい」という趣旨の電話で、大阪市選管にも同様の情報が寄せられており、担当者は「そうした事実はなく、賛成でも反対でも投票を」と注意を呼びかけている。
 東淀川区の男性(69)によると、4月27日午前、女性の声による自動音声で自宅に電話があり、「都構想に関するアンケート」として、賛否や支持政党など約10問尋ねられた。そのうちの一つが「今回、投票に行かない場合は自動的に賛成になるのはご存じですか」という質問だったというが、発信元は不明。
 市選管によると、4月末に同様の電話があったとの情報が数件寄せられているという。虚偽の情報を流せば公職選挙法に抵触する可能性があり、大阪府警への相談も検討している。
 また、推進派の大阪維新の会代表の橋下徹市長もこうした情報を把握しており、5月1日のツイッターで「大阪市民の皆さん! これは嘘ですよ」と呼びかけた。
<引用ここまで>

私自身、大阪市民ではないので選挙自体は関係ない話だけれど、この不審な電話の内容がちょっとおかしいなと思ったのでネタにしようと思う。

投票に行かなかった場合、自動的に賛成とみなされるなんて言うのを信じる人なんているのかなぁと…。
投票率が一定の比率を下回ったら開票すらしないという住民投票は過去にあったはずだけど、基本的には住民投票の有効票の過半数を取った方の意見を尊重とかそういう形の住民投票がほとんどであったかと。

確か今回は住民投票の結果に従わなきゃいけないはずで、結果によっては大阪維新の会の運命が左右されるような内容になりかねないんじゃないかと。

果たして投票率はどのくらいで、どんな結果になるのやら。
投票券が来ている人達は、きちんと考えたうえで賛否を明らかにしてきちんと投票してほしいものです。

« ワールド工芸のプラシリーズ 第6弾・第7弾発表 | トップページ | 阪急電鉄の創業者を描いたドラマ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/61524259

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪都構想の住民投票に絡む不審電話:

« ワールド工芸のプラシリーズ 第6弾・第7弾発表 | トップページ | 阪急電鉄の創業者を描いたドラマ »