2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年6月16日 | トップページ | 2015年6月18日 »

2015年6月17日 (水)

ついに選挙の投票年齢が18歳からに

ニュースで報道されているとおり、本日改正公職選挙法が可決され、来年の夏から選挙の投票年齢が18歳に下がることになりました。

前からいろいろと議論のあったところではあるけれど、ついに投票年齢が引き下げられるようになったというのは歴史に残る大きなニュースであると思う。

どこのニュースでも言っているのは、投票年齢が下がることで、いわゆる主権者教育という形での学校での取り上げ方なんて言うのも問題になりそうです。

賛否が拮抗している内容で、果たして公平な立場で学校の先生が教えられるのかどうかと言う問題が出てきてしまいそうで…。

過去に14歳以上に投票権が与えられた与那国島での住民投票では、いろいろ言われると問題になるという判断が働いて、学校の授業では一切取り上げなかったそうです。
何かうまくやれば、いい教材にできたのにと思うのにもったいないことをしているなぁとその時は思ったものです。
住民投票であれば、賛成派の意見と反対派の意見をきっちり同じ時間で読ませて、それで自分なりに考えてみましょうぐらいはできるだろうにと…。

実際に適用されるのは来年の参議院議員選挙からとなってはいるけれど、twitterで炎上した議員が落ちるとかいう新しい動きとか出て来たとしても、それは投票年齢の引き下げとは関係がなく、個人の素質の問題だという話になってしまうだろう。

でも、twitter上で騒ぎを起こした議員については、選挙特番等でつい名前を追ってしまうのは仕方のないことかなと思ったり。

« 2015年6月16日 | トップページ | 2015年6月18日 »