2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年6月25日 | トップページ | 2015年6月27日 »

2015年6月26日 (金)

沖縄タイムスに『バスラマインターナショナル』の記事

バスの専門雑誌、バスラマインターナショナルに関する記事が沖縄タイムスに載っていた。

<引用ここから>
 ぽると出版は、28日に発行するバス専門情報誌「バスラマインターナショナル」の創刊25周年記念号で、沖縄のバスを特集する。ワンステップバスの導入などバリアフリー化が進む車両動向やことし4月27日から路線バスでも導入された「OKICA」などを取り上げる。
 和田由貴夫編集長は、「創刊以来、本土とは違う沖縄のバス動向に注目してきた」と説明する。
 2003年には沖縄で読者参加ツアーも開催し、「7・30車」乗車体験を行った。「沖縄は鉄道がない分、バスには大きな役割が課せられてきた。誌面を通しバスと利用者との相互理解を深めていきたい」と呼び掛けた
<引用ここまで>

バスラマインターナショナル自体は、秋葉原の一部の書店ではもう店頭に並んでいて、私も入手していたりするけれど、沖縄でこういう形で新聞記事で紹介されるのはかなり珍しいかなと思えたりします。
創刊25周年特集号と言う形で、沖縄のバスの特集と言うのがなかなかいい印象を受けます。
ただ、ジャンルがジャンルだけに扱ってる書店が少ないのがちょっと難点な部分もあり、記事では連絡先が出版社になっていたりします、
沖縄で所定の販売店は、見栄橋駅近くのジュンク堂書店だけのはずだけど、果たして那覇で店頭に並ぶのはいつなのかなぁ…。
普通の雑誌でも東京から1週間は見ておかなきゃいけないと言われていたはずだし。

また、来月ネコ・パブリッシングから出る『バスグラフィック』も沖縄特集のようで、この2誌でどのように切り口を変えて見せてくれるのかが今からちょっと楽しみだったりします。

« 2015年6月25日 | トップページ | 2015年6月27日 »