2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年9月24日 | トップページ | 2015年9月26日 »

2015年9月25日 (金)

北海道新幹線 新函館北斗駅~函館市内のバスアクセスについて

北海道新聞に、来年春開業予定の北海道新幹線の新函館北斗駅から函館市内へのバスアクセスについての記事が載っていました。
<引用ここから>
 来年3月の北海道新幹線開業に合わせ、貸し切りバス大手、大阪バス(大阪府)グループの北海道観光バス(函館)は、新函館北斗駅と函館市内を結ぶ路線バスに参入する。運行中の札幌―函館間の都市間バスについても新幹線に接続できるよう、すべて新函館北斗駅を経由する。近く北海道運輸局に申請する。
 函館を中心に貸し切りバスを運行している北海道観光バスが新設するのは、新函館北斗駅と湯の川地区を結ぶ路線で、函館駅や五稜郭公園などに停車する。13往復する北海道新幹線と同程度の本数とする予定で、ダイヤは新幹線と接続できるように編成する。停留所の数を絞り込み、函館中心部までの時間を短縮し、観光客を取り込む考えだ。
 函館バス(函館)も新函館北斗駅(現在は渡島大野駅)と函館市内の間で約15往復30便の路線バスを運行しているが、増便や経路変更などにより約50往復100本程度に増やす予定。
<引用ここまで>

高速バスが乗り入れて、対札幌のアクセス手段となるのはあるかなぁと思っていたけれど、まさかこういう形で参入を検討していたとは…。

もう一つ驚くのは大阪バスグループの北海道観光バス(旧社名は東日本バス)が新幹線の開業を機に路線バスが参入してくるということですね。
ある程度停留所を絞るということは、観光バスタイプの車両を使っての急行バスになるのかなぁと思えたりして、ちょっといろいろと気になるところ。

大阪バスグループカラーの路線車と言うのも見てみたい気もするけれど、新函館北斗駅が市街地からそれなりに離れてるはずなので、果たしてどうなるか。
既存の路線を持つ函館バスも増発を予定しているというから、開業したら様子を見に来たいなぁと思っていたり。

« 2015年9月24日 | トップページ | 2015年9月26日 »