2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北九州モノレール 10月1日よりICカード対応化 | トップページ | 京阪電鉄 2017年に特急にプレミアム車両導入へ »

2015年9月29日 (火)

火星の表面に塩水?

読売新聞などの報道によると、アリゾナ大学とアメリカ航空宇宙局が、火星に塩水が流れているという証拠を確認したようです。

<引用ここから>
 火星の表面に「塩水」が流れていることを示す証拠を確認したとする研究成果を、米アリゾナ大と米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが29日、科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表した。
 米国の探査機が2008年、火星の地中から氷を掘り出しているが、液体の水が今も存在することを示す証拠が見つかったのは初めて。専門家は「火星での生命探査に向けた重要な成果だ」と話している。
 研究チームは、火星で暖かい季節を迎えた地域には、地表の斜面に水が流れたように見えるすじが現れ、寒くなると消える現象があることに着目。火星を周回する探査機の観測データを詳しく解析した。
 物質の種類ごとに異なる光の波長を調べ、火星表面の物質を分析した結果、中緯度付近の複数の地点で、水が付着した塩分が斜面のすじに沿って分布していることが確認された。塩水は純粋な水より凍りにくいため、研究チームは「暖かい季節には、現在でも液体の水が表面にあることが強く示唆された」としている。
<引用ここまで>

昨日あたりから、NASAが火星に関して重大な発表をするという情報は前もって出ていましたが、塩水だったとは。

さすがに火星人を見つけたとか、高度な文明があって『ネオ・ヴェネツィア』(コミック『ARIA』の世界ね…)とかでも見つけたであるわけがないとは思っていましたが。

そういえば、アニメ映画『ARIA』の公開されているタイミングでこういう発表が出たというのは単なる偶然ではあるけれど、何かの因果を感じてしまうのは気のせいか。

« 北九州モノレール 10月1日よりICカード対応化 | トップページ | 京阪電鉄 2017年に特急にプレミアム車両導入へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/62376617

この記事へのトラックバック一覧です: 火星の表面に塩水?:

« 北九州モノレール 10月1日よりICカード対応化 | トップページ | 京阪電鉄 2017年に特急にプレミアム車両導入へ »