2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年10月16日 | トップページ | 2015年10月18日 »

2015年10月17日 (土)

近江鉄道 2016年春に連節バスを運行開始へ

京都新聞の報道によると、2016年の春から南草津駅~立命館大学間に連節バスの運行を始めるそうで、それに伴い愛称などを募集するそうです。

<引用ここから>
 滋賀県草津市は、来春からJR南草津駅-立命館大間で運行される、2車体を接続した「連節バス」の愛称を公募している。
 同駅前の混雑緩和を目指し、定員120人前後の連節バスを京滋で初めて導入する。国、県、市が購入費を助成し、近江鉄道(彦根市)が運営。外装は、他地域の連節バスで使われておらず、夜間でも見えやすい色として「パステルイエロー」を基調にする。
 応募は11月16日までに、市ホームページなどにある応募用紙に記入し、市交通政策課にメールやファクスなどで送る。採用者には旅行券3万円分が贈呈される。あわせて車体のデザインも、参考案とするため募集する。
<引用ここまで>

連節バスの導入事例として良く見かける、駅から郊外の大学までの路線に投入されるようです。
昨年の12月に神姫バスの車両を借りてきて走行試験などをしているようで、それでとりあえず問題点は解消できたから、こういう形で新しい車両を入れることになったようです。

車両は何が入るのかもちょっと気になるところ。
恐らく新潟と同じスカニアになるのかなぁ…。

これで連節バスが走るところが、白河(貸切だけど)、幕張、町田、厚木、湘南台、岐阜、新潟、三田、そして草津となるようですが、鹿児島に行った京成の中古のボルボはどうなっちゃったのやら…。
あと、福岡市内でも計画があったような…。

« 2015年10月16日 | トップページ | 2015年10月18日 »