2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JR東日本 交流区間用の蓄電池車両を導入へ | トップページ | アニメキャラクターの等身大乗船券??? »

2015年10月30日 (金)

オスプレイの整備拠点 木更津に決定

読売新聞などの報道によると、アメリカ海兵隊の新型輸送機『オスプレイ』の整備拠点が千葉県木更津市の陸上自衛隊木更津駐屯地に決まったと防衛省が発表したそうです。

防衛省の報道資料によれば、整備教務を富士重工業が落札して、木更津駐屯地の格納庫を貸し出して、そこで定期整備を行うことになるようです。

新聞報道によれば、韓国企業との競争になったようだけど、韓国軍にオスプレイの導入予定がないことなどの理由で日本企業が請けることになったとか。

ということは、木更津駐屯地にもオスプレイが配備される可能性が出てきたということなのかな?
オスプレイはホバリングでロープを伝って降りるラペリング降下とか、ホイスト降下ができないらしいという話もあるけれど、空挺降下にはこのあたりは関係ないだろうし。

と言うことは、来年か再来年あたりに木更津航空祭でオスプレイが見れるようになるのかなぁ…。

« JR東日本 交流区間用の蓄電池車両を導入へ | トップページ | アニメキャラクターの等身大乗船券??? »

コメント

他の町だったら左翼系が大騒ぎするのでしょうが? (良い意味で)田舎の木更津では一部の共産党市議が騒いでいるくらいで話題にもなりません。 基地そのものが東京湾岸で市街地からちょっと離れているのも一因でしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの整備拠点 木更津に決定:

« JR東日本 交流区間用の蓄電池車両を導入へ | トップページ | アニメキャラクターの等身大乗船券??? »