2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初詣 | トップページ | ゴッドハンドの福袋が届く »

2016年1月 5日 (火)

北海道新幹線開業後の『青春18きっぷ』などの扱いが決まる

JR北海道から、3月26日開業の北海道新幹線に関する青春18きっぷなどの扱いに関してのプレスリリースが出ました。

詳しくはこちらを見て頂くとして…。

トクトクきっぷの類は普通に新幹線が延長になるだけという印象を受けるけれど、ちょっと気になるのは既存の在来線での青春18きっぷの特例で、蟹田~木古内間の乗車券のみで特急に乗れる特例をどうするのかなぁと思えば、青春18きっぷを持っている人に限り、奥津軽いまべつ~(新幹線経由)~木古内~(道南いさりび鉄道経由)~五稜郭が1回乗ることができる『青春18きっぷ北海道新幹線オプション券』という切符発売されることで対応となるようです。

この切符を利用するためには、津軽線の津軽二股駅まで在来線で行って、そこから奥津軽いまべつ駅へ移動したうえでの利用となるようで、新青森駅以南から奥津軽いまべつ駅までの新幹線の特急券と乗車券と連続して利用することはできないのだとか。

津軽線の改正後の時刻をチェックしていないので何とも言えないけれど、別料金で2300円という価格設定はかなり絶妙かなぁと津軽海峡フェリーのホームページの運賃情報を見ながら思ってしまったり…。
確か青森側も函館側もフェリーターミナルは駅から遠いけれど、時間帯によってはフェリーのほうが速いなんてパターンもありそうな気配が…。

« 初詣 | トップページ | ゴッドハンドの福袋が届く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/63013115

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線開業後の『青春18きっぷ』などの扱いが決まる:

« 初詣 | トップページ | ゴッドハンドの福袋が届く »