2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年3月10日 | トップページ | 2016年3月12日 »

2016年3月11日 (金)

北海道の私鉄車両と言う本

先日、秋葉原の書泉ブックタワーで『北海道の鉄道車両』と言う本を見かけた。

発行元が北海道新聞社であるし、鉄道友の会の会誌『RAILFAN』の連載記事(これはこれで、島秀雄記念優秀著作賞を受賞している)が元になっているというので、ちょっと見ただけですぐお買い上げとなった次第で。

書籍については発行元へのリンクも見て頂ければ…。

大変貴重な資料がいくつも出ています。
私が一番目を引いたのは、定山渓鉄道の気動車のカラー写真。
この車両のカラー写真と言うのはほとんど見ないだけに、よくあったなぁと思える感じがして…。

あともうひとつ目を引いたのは、北海道拓殖鉄道のキハ301と言う気動車。
見た目は国鉄のキハ22のようなのだけど、なんか微妙にいろいろと違って野暮ったい感じ。
足回りを見るとDT22系のコイルばね台車ではなく、TR29系の菱枠台車という何とも奇妙な車両。

色々と調べると、札幌の泰和車両が作った車両で、キハ22っぽいけれど何かが違うという妙な気動車で、どうやら木造客車の台枠を流用して作ったという妙なもの。
こういうキワモノに目が行ってしまうのはマニアの悲しい性なのかもしれない。

« 2016年3月10日 | トップページ | 2016年3月12日 »