2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年3月29日 | トップページ | 2016年3月31日 »

2016年3月30日 (水)

DMM.makeのクリエイターズマーケットから模型を買ってみた

最近鉄道模型の趣味の世界でも、かなり耳にするようになってきた3D CADと3Dプリンターを使った模型の制作。

自分も何か作れないかなと勉強中ではあるけれど、まだまだと言う感じで…。

今回は他の方が作った3Dデータをプリントして出力できるDMM.makeのクリエイターズマーケットで売られてるものを試しに買ってみた。

今回買ってみたのは、Senri Modelsさんが出している高速軌道検測車のキット。
商品のページはこちらから。

この間買った、『はまなす』のセットのお供にもできるし、ちょっと気になる部分もあったのであえてこれにしてみた次第。

注文したのが3月15日、造形が始まったのが26日、それで発送されたのが29日。
そして今日の夕方、佐川急便で届きました。
発送地は石川県の加賀市となっていて、このあたりに立体出力の拠点があるようです。

荷物がどのように届くかと言うと…。
Mk01
段ボールの中に大きな緩衝剤が入っていて、その中にさらに緩衝剤で来るんである状態で届きます。

中の小さい緩衝剤を外してみます。
Mk02
中には厚紙を敷いたうえでジッパーつきの袋に入れられています。

Mk03
製品自体はこんな感じです。
板キットになっていて瞬間接着剤で組み立てるようになってます。

足回りは基本的にはマイクロエース製品を使うとなっているけれど、今更手に入るかどうか…。
このあたりは各自工夫でやるしかないかなぁ…。

« 2016年3月29日 | トップページ | 2016年3月31日 »