2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 詳説 東武8000系 総集編 | トップページ | ウィラーグループ オープントップのレストランバスを開発 »

2016年3月 2日 (水)

千葉都市モノレールの中古車両 松戸の私設博物館へ

千葉日報に、千葉都市モノレールの中古車両が売りに出ていたものについて買い手がついたというニュースが載っていました。

記事はこちらから。

今回売りに出てたのは1011号車と1012号車の2両。
開業時から走っていた車両で、一番最初に入ったグループではなかったかと。

1両は検見川浜駅の近くの保育園に、もう1両は松戸にある昭和の杜博物館への譲渡が決まったそうです。

昭和の杜博物館はだいぶ前に行ったことがあるけれど、建設会社の会長さんが集めたコレクションを展示している施設で、東松戸駅からちょっと行ったところにあるところ。

私が訪問したのはだいぶ前だったので、当時は車掌車とか日立電鉄の中古車両の一部があったりと言う感じだったけれど、最近流山電鉄の中古車両が来たことでも知られているところ。

ここがオープンしてるのは金土日の3日間なので、その日程に合わせて訪問しなければならないかなと言う感じで、ちょっと日程を合わせて言って見なければと思っていたりしています。

また別口でちょっと気になる噂も耳にしてるだけに(これは事実だという裏付けが取れるまではあえてブログでは取り上げません)、そちらも併せて確認したいところ。

« 詳説 東武8000系 総集編 | トップページ | ウィラーグループ オープントップのレストランバスを開発 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/63291239

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉都市モノレールの中古車両 松戸の私設博物館へ:

« 詳説 東武8000系 総集編 | トップページ | ウィラーグループ オープントップのレストランバスを開発 »