2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本体育大学 パイロット養成講座を開設 | トップページ | bayfm SAZAE RADIOを発売へ »

2016年3月23日 (水)

東武の一部の駅で台湾風のお弁当

東武鉄道と東武商事の合同のプレスリリースによると、東武鉄道と台湾鉄路局の友好鉄道協定の締結を記念して、浅草駅・北千住駅の売店と、浅草発着の特急『スペーシア』の車内で台湾の三商巧福が監修した台湾風の排骨弁当を発売するそうです。

日本と同じように駅弁と言う文化がある台湾のお弁当が、日本の駅で食べられるというのはかなり珍しいことのような気がします。
台湾料理のお店の中には、台湾の駅弁風の料理を出してくれるお店もあるにはあるけれど…。

どうやら台湾の駅弁と言うのは、常に暖かい状態で提供されると聞いているけれど、きっと今回のお弁当は冷めても美味しいように味付けがなされているのかなと思ったりもしています。

必ずしも特急に乗らなくてもいいわけだから、ちょっと買いに行ってみようかなと考えていたりしています。

« 日本体育大学 パイロット養成講座を開設 | トップページ | bayfm SAZAE RADIOを発売へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武の一部の駅で台湾風のお弁当:

« 日本体育大学 パイロット養成講座を開設 | トップページ | bayfm SAZAE RADIOを発売へ »