2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月4日 »

2016年4月 3日 (日)

羽田空港近くにフライトシミュレータをやりに行く

今日は羽田空港の近くにある『LUXUARY FILGHT』さんに行ってきた。
国内でも数少ない、教官付きで本格的なフライトシミュレータ体験ができる場所。

私が知る限りでは、誰でも行けて教官同伴でフライトシミュレータを飛ばせるところは
・錦糸町と両国の間にある『エフエスシーマ』(ホームページを見る限りでは単発機?)
・穴守稲荷と天空橋の間にある『LUXUARY FILGHT』(ボーイング737とビーチクラフトG58バロン)
・横浜桜木町の『JFlight』(エアバスA320)
・北谷の国体道路沿いの『FSO』(ビーチクラフトG58バロン)
・瀬長島の『トライエア』(飛行機(選択可)とヘリコプター)

くらいかな…。

まだほかにもあるかもしれないけれど、それをご存じの方は教えていただければと思う。

どんな場所かと言うと…
場所は穴守稲荷駅と天空橋駅のほぼ中間。
穴守稲荷神社の近くにあります。

Lf1
普通のマンションの1階に入っています。

Lf2
実機のコックピットはこんな感じ。
今回は成田→羽田のフライト体験を選んで体験してきました。
エンジン始動からFMCの入力、そしてタキシング、離陸→オートパイロットと進んで羽田へ着陸と言うコース。

タキシングの体験と言うのがなかなか難しいものではあったけれど、ちゃんと線を踏めてはいなかったけれど、脱輪することもなく滑走路へ向かうことがうまくできたり。

何度かLCCに乗った時に通ったことのある誘導路だったというのもあるのだけど…。

オートパイロットでの機械の動きとかがいろいろと驚きで、実機だったら航空会社に就職しない限り見れないモノをしっかりと見れたような…。

そのあとふらりと周りを歩いていたらこんなのを発見。

Lf3
マンションの中庭に何やら気になる物体が。
看板もあるので近くまで寄ってみても問題ないだろうと判断し(この右にコンビニがある)、近寄ってみる。
Lf4 Lf5
近寄ってみると、日本航空が使っていたボーイング747クラシックのシミュレーターのコックピット部分。

どうやらここが日本航空の施設の跡地だったようで、その跡地に建っている建物の会社も羽田空港等でグランドハンドリングをやっている会社だそうで、こういう形で保存されているのだとか。

個人的には747クラシックであれば、フライトエンジニア席まで残ってたらいいのになぁと思ったりもするけれど…。
このあたりは、芝山の航空科学博物館に行ってみると見れるけれど。

こういう形でコックピットが部分的に残ってるのはかなり珍しいですし、また機会を作ってマニアックな目線でじっくり見てみようかなと。

今回もなかなかいい収穫がありました。
また機会があったら訪問してみようかなと。

« 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月4日 »