2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブルーインパルスの今年のスケジュールが発表になる | トップページ | 横須賀にお出かけ »

2016年5月 1日 (日)

昨日のNHKスペシャルのこと

昨日の『NHKスペシャル』は、1月に発生した軽井沢のツアーバスについての特集でした。

重大なバス事故についていろいろと独自な切り口で取り上げていました。
事故で亡くなったドライバーの骨壺だとか遺品を出す必要があったかどうかという是非はあると思うけれど、独特の視点でうまくまとまっていたかなと言う印象は個人的には受けました。

今回事故を起こした車のメーカーが前ユーザーに対して出した事故車両のレポートについては驚くしかありませんでした。
2002年式にしてはずいぶん足回りがやられてるなと言う感じもしたけれど、それでも中古で1400万円もするんだというのがちょっと驚きではあったりします。

現状、国産の新車を発注すると最低でも1年は待たされる、韓国に発注しても半年は待たされるという事情を考えると、やっぱりこういう値段になっちゃうのかなと。

そもそも事故を起こしたバス会社、ルーツは中古車屋さんなのに車の目利きができてたの?という意見もいろいろなところで出ていたりしています。

何とかして事故の当事者から聞き出せたとはいえ、今回の事故はバス会社は加害者でもあり、被害者でもあるのかなと思います。

本来であれば、価格勝負で法定運賃を大幅に下回る格安運賃でバスを発注した旅行会社の責任も厳しく問われるべきではないかと思え、この点についても当事者から話が聞ければまた違う切り口にできたのかなとは思えます。

果たしてまた違う切り口の特集ができるのかどうか…。

« ブルーインパルスの今年のスケジュールが発表になる | トップページ | 横須賀にお出かけ »

コメント

はじめまして。
SLボイラ新造の検索で来ました。
5/1のNHKスペシャルの件、自分も気になってました。

今回のバス事故は、低賃金と貧困ビジネスが
招いた事故という印象を植え付けているように
感じます。

軽井沢の事故は確かに運行費のダンピングや
低賃金とずさんな運行管理が主な原因だというの
はわかります。

ただ、関越道の事故に関して自分は、防音壁が
バスに突き刺さったことによる圧死が原因なので、
すべて運行会社やドライバーの責任だったかと
いうと少し疑問に思います。

あの事故状況を見る限り、あそこに防音壁が
無かったとしたら、死者は出なかったのでは
と感じます。

NHKスペシャルでは、軽井沢の事故を絡めて、
バス事故はドライバーか運航会社の責任で、
他は何もないと印象付けをしている感じが
してなりません。
(ニュースの撮れ高が出来てよかった的)

おそらく死傷者が出ていない為報道されない
バス事故は数多くあり、重大事故が起きてから
後追いで特集を組むマスコミの姿勢は、本来の
役割を果たしていない感じがします。
JHを敵に回さないか、裏から手が回っているよう
にさえ感じます。
高速道路の構造や、ガードレールの安全性に
問題がなかったかということを突っ込んでほしいです。
軽井沢はガードレール関係ありませんがね…

あともう少しバス会社やドライバーについて深く掘り下げるか、
ドライバーとして雇われた方のような境遇が、
どの業界にも存在し、ホームレス予備軍だったり、
犯罪者の片棒を担がされている事や、今バスに
乗ることのリスク、バスに限らず安易なダンピング
は顧客信用を無くすということを広く伝えることが
できたのではないかと思います。

また、そうする事で、デフレ脱却する希望も込めて。

自ら取材をしなくなった時点で、オワコンととらえる
べきなのかもしれませんが。
長文しつれいしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のNHKスペシャルのこと:

« ブルーインパルスの今年のスケジュールが発表になる | トップページ | 横須賀にお出かけ »